2011年10月8日土曜日

パットが難しい季節(38回目)

やっとPCが治りまして、ブログ編集に使えるようになりました。

スコアカードを画像編集していたら、先にアップしたホール毎の記録に誤りがありましたので、訂正しました。先日はスコアカードも見ずに、記憶だけでブログを書いたのですが、微妙に違ってますね。2歩と3歩のような違いですが、記憶に残っているのは、実際に記録された数字よりも短くなっていますので、気もしの中であんな短いのを外したと言う悔しい気持ちの表れなのかも知れません。

---------
今週の木曜日に、普段ブログを書くのに使ってるPCが壊れました。ディスクは生きているようなので、修理すれば生き返りそうです。そのため、ブログを書くのも面倒で、このブログは写真抜きです。PCが直れば写真をアップします。

この週末は好天に恵まれ、10月としては異常に暖かい日となりました。こんな時は地元のコースが近くて、予約も楽です。

コースはGriffith E. Harris GCで、最初の写真は1番ホールから見た所でして、天気は最高ですね。先週もラウンドしていますが、今週は半分のグリーンでエアレーションがされていて、少々パットの難しい日でした。

Course Length:6512Yards/Par71(36,35)
Course Rating:71.0
Slope Rating:125

先週時点では、3番~7番がエアレーションでしたが、今週は、練習グリーン、1番~8番、16番、18番と半分はガタガタのグリーンでした。一方、半分は結構速いグリーンで、途中から変わっているため、パットの距離感はぐちゃぐちゃで、終始パットに悩まされたラウンドでした。

この日、一緒したのは、Charlie、Grad、それと2度目のDavidさんでした。特にCharlieは飛ばし屋で、私を30~40ヤードもオーバドライブしていきます。残念な事にアイアンの精度とアプローチがイマイチ得意じゃないので、スコアメイクは苦労していました。でも、豪快なゴルフは楽しかったです。このくらいの飛距離がほしいですね。

出足は好調だったのですが、やはり苦手の4番でボギーでした。3歩が入らなかったので惜しい所でした。

次の写真は6番ホールです。ここは450yds以上で長いPar4なんですが、ドライバが飛んでくれました。

セカンド地点の写真を載せますが、ピンは花道の中央でした。距離は180yds位ですし、少し風が追ってて、アイアンも5鉄でグリーンカラーに止まってくれたのでパーは簡単かなと思ったのですが、カップが酷いところでした。次の写真は、グリーン奥からピンを見た所ですが、カップは斜面の上に切られていました。

ボールの位置は、向かって右の方のカラーでしたので、下からカップに向かって上りでした。丁度良い距離感でカップを掠めて少しオーバーしたと思ったら、Uターンして止まらずに4歩も戻っちゃいました。写真にすると中々傾斜の様子が分かり難いですね。

Charlieのドライバは完璧で彼は残りの150ydsをピン手前3歩くらい(写真で言うと、ピンの左奥に3歩)に付けたのですが、下り斜面で止まらずに5歩もオーバーして4パットのダボでした。少々アンフェアなグリーンだったと思います。

7番は少し向かい風で距離を間違え、パットの距離感も間違えた上に例の引っ掛けで3パットしてしまいました。

後半はグリーンは良かったですが、距離感が難しいかったです。

その上に、12番ではドライバを珍しく右の押し出して林の中、3打目の距離感も間違えてダボ。

14番では、3打目の上りの距離感を間違えてショートしたのは仕方ない所で、そこからのアプローチの距離感がノー感でした。

この写真は、16番の青ティから見た所でして、右に傾斜したFWで、グリーンまでは真っ直ぐです。右側にバンカーがあって、傾斜のために、右サイドに打つと入ってしまいます。このドライバは飛んでくれまして、右のバンカーより先に行ってましたし、8鉄も完璧でした。特にアイアンは狙った通りの方向と距離感でOKバーディの距離でした。

17番も長いホールなんですが、ドライバが少し右に出て、木の枝の当たったために、残りが230ydsも残りました。写真はセカンド地点からグリーン方向を見た所ですが、グリーン左側にあるバンカーの淵で止まってました。もうちょっと右に打てれば乗ってたかも知れません。アプローチは比較的上手く行って3歩程度の距離でしたが、曲がりが読めませんでした。

最終ホールのセカンドは95ydsで難しい距離感でした。その結果、11歩も残ったのですが、エアレーショングリーンの上を強めに打ったら、中央から入ってくれました。

上がりの2つのバーディで帳尻が合ったスコアとなりました。


青ティのコースレート/スロープは71.0/125、パーは36・35=71です。

アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。

1 4 - 0 13A
2 4 - 1 9L
3 5 - 0 4AL-②
4 4 △ 0 3S(28)
5 3 - / ①(32)
6 4 △ 0 4A(19)
7 3 △ / 19S-2B(3putt)
8 5 - 0 12BS-②
9 4 - 0 5AL

10 4 △ 0 3B(23)
11 3 - / 6S
12 4 2 8L-②
13 4 - 0 9BL
14 5 △ 0 3BL(14)
15 3 - / 15S-②
16 4 ◯ 0 ①
17 4 △ 1 3B(35)
18 4 ◯ 0 ⑪

39(18)・38(16) = 77(34)


前半は、2歩前後のパットが安定しませんでした。やはりエアレーションの影響は必至で、少し意識的に強く打たないといけないので、短い距離の緊張感が悪さをして、引っ掛けミスが多かったです。

後半は、普通のグリーンだったのですが、前半に感覚が残っていて、距離感が狂ってました。パットもそうですが、アプローチの距離感が会わない感じでした。でも、最後の方で、2個バーディが出てくれてスコアになった感じです。最後の11歩のバーディはオマケです。ラッキーでした。

ドライバは、12番でミスがあった以外はそこそこ安定感があったと思います。練習の成果かなと思います。

先週のラウンドで気付いたアイアンの打ち方は、この日も安定していました。特に、6番より短いアイアンは非常に上手く打てています。10番のセカンドでSWの失敗は痛かったですが、ベアグラウンドのようなライだったので仕方ない所です。

このスコアですと、Differentialは5.4となりますので、またIndexが悪化しそうですが、最近のスコアを見ていると、この辺りが自分の実力のような気がしますし、このくらいのスコアですと、普通の調子で普通に出るようになってきたと思います。

6 件のコメント:

hyappo+ さんのコメント...

全ホールエアレーション済み、ならまだ対処のしようもあるんですが
飛び飛びで一部のホールだけエアレーション済み、だけどエアレーションしてないホールも
芝の傷みが少ない所を優先して開けたでしょ、としか思えない変な所(傾斜の途中とか)にカップが切ってあったりこの時期はホント困りますよね・・・

そんな条件下でも上がり連続バーディフィニッシュ(拍手)
アプローチの距離もグリーンの条件がバラバラなのに崩れないあたり、さすがです。

いろんなアメリカ人の殿方とご一緒しますが総じてボンバーさんはショートゲームで苦労されてる気がします。
一緒に回ってるとティーショットドコまで飛ぶのかなってワクワクするので楽しいのですけど。

trimetal さんのコメント...

hyappoさん、

こんにちは。

仰る通りで、カップ位置が本当に変な所ばかりでした。それも傾斜の途中が多かったです。どこのコースも同じ傾向があるんですね。

アプローチに関しては、エアレーションもそうですが、ホールによって砂の量が違うのがきついですね。砂が多いと、最初のバウンドが凄く弱まるので、大きく距離が変わるんです。そのようなホールは、少し高いアプローチをして、ランを殆ど計算しないようにしましたが、難しいです。

飛距離の出るアメリカ人ってヘッドスピード凄いです。あのパワーなら、もっと飛んでも良いと思いますが、効率悪いんでしょうね。それに、力の抜き方を知らないみたいで、それでアプローチが下手みたいです。

スノーマン さんのコメント...

こんにちわ!

エアレーションですけど、Front、Back
それぞれをまとめてするんじゃないんですね。
何だか不思議?
エアレーションされたグリーンでのパッティングは、
ラインを読んでもその通りには転がってくれませんし、
バンプがあちこちにあったりして、カップのすぐ手前でそれちゃったりして。。。
でも、やっぱりtrimetalさんのレベルになると
スコアーも崩れないんですネェ~。

勿論、正しい練習もされてますからね。

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

こんにちは。

エアレーションはまとめてやるものだと思ってましたが、このコースは何回かに分けてますね。やるなら、全部一緒の方がプレーしやすいと思います。結構頭の中が混乱するんですよね。そのために、パット数にすると2~3打くらい違ってくる感じがします。

やっぱり、エアレーションのグリーンは難しいです。パットが入らないとアプローチやショットに影響するので、崩れるとまでは行きませんが、全体的に良くないですね。

yspz さんのコメント...

こんにちは。

私の周辺は、まとめて全ホールやっちゃうところと、
各グリーンの半分ずつやるところとあるようです。

3ホールとか9ホールとかっていうやり方のコースにはまだ遭っていませんです。


私のゴルフの調子の方は寝違え以降すごく悪くなりまして、9ホールやって45切れないなんて感じです。

なんとか復調の兆しではあるのですが・・・。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

こんにちは。
エアレーションはコースによってマチマチなんですね。今回、初めて気が付きました。でも、私はまとめてやって欲しいです。

え、45を越えちゃうんですか。そりゃ重症ですね。私も一年に数回は45を越えますが、結構ショックですね。未だ、首が痛いのでしょうか。少しでも違和感があると、スイングに支障でますからね。早く治って欲しいです。