2012年11月4日日曜日

ショットは良くなりつつあります(#43 Knoll CC West)

一週間遅れのレポートになりますが、先週の土曜日は育友会コンペでした。

先月は、非常に難しいコンディションだったため、ネット77で優勝できましたが、今月は逆に易しいコンディションなので、やはり、HDCP 1は私の実力を超えた数字なので、上位入賞は難しかったです。今回も同じKnoll CC West Courseです。

Knoll Country Club West Course
Course Length:6850Yards/Par70(35,35)
Course Rating:73.1
Slope Rating:131

Par70ですが、6850ydsもあって、コースレートも73.1ですから、私には少々長いコースです。

これは2番ホールですが、殆どのホールはこんな感じで左右が林です。見た目の通りで、そんなに狭い印象はありません。この時期、左右のラフ周辺から林の中は落ち葉が溜まっていて、ロストのリスクが高くなります、

今回は珍しくINからのスタートとなりました。

出足は良かったのですが、2番ホールでいきなり左の林の中に打ってしまって、落ち葉の中。ボールは捜しようがありません。軽くロスト。さらに、グリーン周りのアプローチでライが極端に悪くミス。ダブルパーとなってしまいました。

最近は、大叩きするホールが時々あるんです。結構パーセーブは多いのですが、大叩きホールのためにスコアを崩すケースです。多分、ミスショットの後で無理してパーを狙ったり、アプローチでトップしてグリーンを超えるミスをするケースが増えているためです。原因は不明ですが、ちょっと気をつけないとです。

結局、前半、後半共にパーを5つづつ取れたのですが、81も打ってしまいました。

先月と違って、今月は風も弱く、コンディションは良かったために、優勝から程遠いスコアとなってしまいました。これで今年のコンペは終わりで、又来年は今年のスコアを元に、ハンディキャップが変わりますので、優勝狙うべく、精進したいと思います。


青ティのコースレート/スロープは73.1/131、パーは35・35=70です。
アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。なお、括弧内の数字は歩数でアプローチの距離を表します。yが付いている場合は、ショットの距離で、アプローチには入れてません。寄せて1パットで上がりたい凡そ30yds以内をアプローチとしています。

10 4 - 0 ④(25,155y)
11 4 +4 4 14BL(15,30,枯葉Lost)
12 4 △ 0 7BL(95y,2ndミス)
13 3 - / ③(80y)
14 4 △ 0 17L-2B(200y,3putt)
15 5 △ 0 4BL(26,160y)
16 4 - 0 6S-①(145y)
17 3 - / 11AS-①(183y)
18 4 - 0 ②(38,215y)

1 4 - 0 19S(172y)
2 4 △ 0 5BL-②(20,205y)
3 3 - / 15B-①(208y)
4 4 - 2 ⑩(180y)
5 5 △ 2 14S-①(90y)
6 3 - / 6AL-①(167y)
7 4 - 0 9B(155y)
8 4 △ 0 7S(30)
9 4 △ 0 2A(16,168y)

42(16)・39(17) = 81(33)


Differential = 5.1(11番を調整)

DAP: 8
GIR: 7(3,4)
Par Save: 10(5,5)
Par Break: 0(0,0)
Sand Save: 0/0
Approach Save: 2/7

アプローチ指数が2/7と悪いですね。パットはそんなに悪くないのですが、アプローチが寄りませんでした。特に、2番、9番、15番は絶対にパーを取りたいホールでしたが寄せに失敗しました。

今回はGIRも7つあり、このコースでは良い方だったのですが、やはり寄せに失敗するとスコアになりません。

DAPも8ありますので、数字的にはダメなんですが、ショット自体は時々良いショットも見られました。しかし、それは後半の方で、ちょっとしたヒントを思い出すまでは酷いショットが多かったです。未だ未だスイングの見直し中で、再燃に向けた試行錯誤は続きます。

2 件のコメント:

yspz さんのコメント...


紅葉が綺麗なのに緑も濃いですねー。

本当に綺麗だなぁ。


私はここのところちょっと調子を落としているっぽいので、素振りをちゃんと続けるように褌を締め直します。


trimetal さんのコメント...

Zさん、

このコースは整備が比較的良いのですが、そのためにラフも深く困ります。ちょっとラフに入ると、長いクラブが振れないのでティショットの出来がスコアを左右します。

ただ、緑色については少し着色している感じがします。東部地区では、冬場は緑色が失われるので、着色しているコースが結構見られます。でも、12月からクローズのコースが多いので、着色は11月と3月くらいだと思いますが。

私も調子を落としています。というよりも、色々とスイングをいじったので、何が正しいのかわかなくなっている感じです。来年春までには治したいと思います。