2011年3月29日火曜日

いよいよ春です(W5回目)

3週連続で、今年3回目のラウンドレポートです。

最高気温は10℃くらいで未だ寒いですが、風は普段より少し弱いのでゴルフ自体は楽だったかも知れません。

最初の写真は1番ホールの2打目からティ方向を見たもので、綺麗な青空が見えます。

2枚目の写真は、5番ホールのティから見たグリーン方向で、ティショットはピンに向かって真っ直ぐで、グリーン手前に乗りましたが、18歩を3パットしてしまいました。この辺りからショットが良くなってきました。

今回、スコアカードが更新されていました。それにスロープレートが若干変わっていました。コース長に変化が無かったのに、スロープだけ変わるんですね。

青ティのコースレート/スロープは72.2/123、パーは35・37=72です。

1 5 △ 0 3B
2 4 - 0 ③
3 4 △ 1 3A
4 4 +3 0 ①
5 3 △ / 18S-4B(3パット)
6 4 △ 0 ②
7 4 - 0 12A
8 3 △ / 5A
9 4 - 1 ②

10 5 - 0 4B
11 4 - 0 ②
12 4 - 0 7A
13 3 △ / 4S
14 5 - 0 5A
15 4 - 0 ①
16 4 - 0 ③
17 3 △ / 9B
18 5 △ 0 6B

43(15)・40(15) = 83(30)


出足は普通の出来だったのですが、4番ホールのセカンド6鉄を目一杯フックしてブッシュの中に打ち込みました。その後のミスも重なって痛恨のトリでした。それ以降も悪くなかったのですが、小さなミスを重ねてしまいました。でも、ショットにヒントがありました。

6番ホールのティーショットの際、テークバックからダウンに移行するタイミングをちょっと遅くしてみました。また、テークバックの角度を少しフラットにし、オンプレーンを少々意識してみました。その結果、インパクト時の身体が安定したように思います。それ以降、9番ホールは少し風もあって力が入り、左方向に行きましたが、それ以外のショットは全てFWを捉える事ができました。ショットに大きなヒントを得た気持ちです。

後半は、ドライバの安定感もあり、アプローチにも安定感が出てきました。ただ残念な事に、易しい上がりの2ホールを連続ボギーとしたのは、油断だったようです。本当なら後半を1オーバーで上がれた筈でした。

なお、パットに関しては、3週連続で、徐々に良くなってきたように思います。昨年後半から少し打ち方を変えたのですが、テークバックからダウンに移行する時に、できるだけ力を入れず、重力による動きに微妙に力添えする程度にする事で、短いパットの方向安定性が上がったように思います。この日も2歩以下は全て入ってますし、3歩も半分入っています。

これにて冬シーズンの終了です。今年は3月初旬まで雪に埋もれて、殆どゴルフできずに終わりましたが、最後の3回で徐々に安定感が見られたのは良かったです。

次回は、4月第一土曜日のコンペからシーズンスタートです。

6 件のコメント:

yspz さんのコメント...

こんにちは。

重力に任せるように切り返し、微妙に力添えする打ち方、私も実践しています。(^^)

ところで、二つ前の記事の写真拝見しました。
postage due $2.07ってのはやっぱり郵便局に払ってください、って意味ですよね、これ。



上がり2ホールのボギーは、(まさに私に多いパターンですが)易しいホールで風も強くないのに落としてしまったんですね。

ややグリーンを外し、次の寄せが寄り切らない。
悪いショットじゃないんだけど、ボギー。ってのが、私には時としてちょっと多いです。(x_x)

trimetal さんのコメント...

Zさん、

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

このパット方法は以前にも書いて、Zさんからコメントを頂きました。この方法になってから、短いパットの安定感が上がったように感じています。

この日のラウンドでは、16番を終わった時点で、2位と4打差あって優勝がほぼ決まっていたために油断した次第です。最後まで緊張感が必要だと実感しました。

仰るように、結構イージーにパーが取れそうなアプローチをミスしてボギーなんてケースはありますね。簡単に見えると、余計にパーを取りたいと思って緊張するのかも(煩悩の為せる業かも)。

郵便料金の件は、やっぱりそうですよね。未だ払ってませんが、今度郵便局で払います。

スノーマン さんのコメント...

重力による動きに微妙に力添え。。。
この、微妙に力添えというところは、練習によって会得するしかないですよね。

私の場合、悪い癖でバックスイングを大きく取リ過ぎて、ボールをヒットする際に無意識にスローダウンしてしまうんですよね。
次回、この重力によるパット試してみます。

ところで、trimetalさんの歩数ですがどれぐらいの歩幅なのでしょうか?
普通の歩き方での歩幅ですか?

ジンちゃん さんのコメント...

ショートパットを確実に決められるのはうらやましいです(^^)。私もちょっとしたことで球の転がりが良くなってから確率が高くなりましたが、まだ 1.5m くらいはビビリます(T_T)。

日本の関東地方は、今週からようやく春らしい天気になってきました(^^)。さくらの開花も一気に進むものと思います。
ゴルフもいよいよ本格的にシーズンインです(^^)。

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

私の方法は、そんなに練習しなくてもできます。

ゆっくりテークバックして、切り替えしの時に力を入れないだけです。何も力を入れないでも、重力のためにボール方向に戻ろうとしますよね。そこに僅かに右手で押してやる感じです。

元々私のパットは、小さいテークバックで、フォローを大きく取る傾向があったんです。例えば、15センチ引いて、30センチフォローって具合です。これだと、切り替えしからインパクトにかけて結構右手で押すんですよね。少し緊張したり、重要なパットの時に方向が悪くなり(殆ど引っ掛けて、速いグリーンだとプッシュが多い)、2m前後を外すケースが増えます。ですので、テークバックが今までよりも大きくなったかも知れません。

スノーマンさんの場合は、私と間逆ですね。対処療法としては、テークバックを小さくすれば良いのかなと思います。今までは、インパクトで止める方向に働いてたんですね。これって、セオリーの逆だと思うんですけどね。

私の歩測は、通常は0.9yard/歩ですが、グリーン上では少し短いかも知れません。3歩の距離は、凡そで2.25mくらいでしょうかね。元々短足なので、FWを歩く時は無理して大股歩きなのかも。

trimetal さんのコメント...

ジンちゃん、

1.5mくらいをびびるのは同じです。一番入れたい距離だし、上手くすれば入る距離ですからね。その日のスコアに一番直結するので、緊張感がありますね。

関東地方も春ですか。こちらも今週末辺りからやっと春らしくなります。先週末なんて冬に戻って雪も降りましたから。