2011年3月17日木曜日

不幸の連鎖(W3回目他)

先週金曜日の大地震には驚きました。

早朝5時に目が覚めて、PCでニュースを見たら、東北でM8.8の地震の事。その後の、出来事は津波も含めて地獄を見るが如くで、寒気がしてきます。

こういう状況でゴルフネタを書く事は憚られるようで、皆さんのブログからもゴルフネタは見られません。それ以前にブログを書く気力も涌きませんね。

先々週末の事、今年初めてのゴルフに行きました。

年末の大雪から、数度の大雪が重なって、2ヶ月以上の間、全くゴルフをしていませんでしたが、3月になって少しづつ雪が融け始めました。

コースは、冬場のホームコースである、Marine Park Golf Courseです。

兎に角、風の強い日で、最高気温は10℃を越えたくらいで真冬というわけじゃないのですが、全くボールが飛びません。さらに、途中のホールで、強風のために立てていたバッグが飛ばされて、バッグのポケットに入れてたスコアカードも飛ばされる始末。結局、後半のスコアは一応わかる程度で詳細は記録無し。

出足はまずまずのショットだったのですが、途中から風に負けまいと力が入るんですね。曲がるし、飛ばないしで、風の影響でパットも入りません。結局、初ゴルフは、94(47,47)と安定した結果となりました。

そんな状況で、18番ホールを上がってきたところで、何と財布を失くしていました。もう茫然自失です。

ハーフを終わってハウスのトイレに行くときに、財布だけバッグから出して上着のポケットに入れたのは良かったのですが、そのままで10番ホールへ。気が付いた時には落としていたわけです。でも、それに気が付いたのがホールアウトしてからと言うのも間抜けな話です。

カートを借りて、10番ホールから歩いたところをくまなく探しましたが結局見つからず。

幸いな事に、現金は70ドル程度で大した被害はありませんでしたが、普段使っている殆どのカードを失くしました。

(1)Amexのクレジットカード(こちら
(2)銀行のATMカード
(3)VISAのクレジットカード(日本のカード)
(4)免許証(こちら
(5)保険カード(アメリカの保険会社)
(6)ANAのPlatinumカード(こちら
(7)地元の公営コースのメンバーカード(こちら
(8)そのほかもろもろ

こんなところで、(1)~(4)は失くすと面倒なものです。これについては後述します。

(5)の保険カードは、ホームページから再発行ができますし、一枚余計にあるので緊急性はありません。(6)は3月末でExpireするので、4月までに新しいカードが来ますから問題なし。(7)は4月にコースがオープンしたら再度写真を撮って再発行をお願いすれば済みます。(8)は色々ありましたが、金銭的な価値は低いし、失くしても対して支障がありません。

さて、(1)から(3)は、帰宅して直ぐに使えなくする必要があります。それぞれについて、手続きを書いてみます。

(1)のAmexは結構上手く出来てるんですね。ホームページで調べたら、Lostした場合の方法が書かれていて、単純にホームページから再発行を申請するだけです。最短で1~2営業日で新しいカードが届きます。ただ、それで本当に失くしたカードがDeactivateされたのか心配だったので、カスタマーサービスに電話で確認したらOKでした。

(2)のATMカードは、インターネットでは出来ませんでした。でも、カスタマーサービスに電話して、カードのDeactivateを依頼しました。そしたら、直ぐに近場の支店に行って、テンポラルカードを発行してもらえとの事。数日後に会社近くの支店に行って、仮のカードを作ってもらいました。これでお金は引き出せますし、1週間もしたら、新しいカードが送付されてきます。

(3)日本のクレジットカードもカスタマーサービスに電話をします。海外事務所もあるので、24時間OKでした。実は、失くしたカードを新しいカードに切り替える申請済だったので、単に失くしたカードをDeactivateするだけですので、電話で簡単でした。既に、日本の実家に新しく申請していたカードが届いていましたので、アメリカに転送してもらいました。

(4)最後の免許証は、近くのDMVに行って、再発行の申請用紙に記入して、パスポートを見せるだけで、10分後には再発行されました。写真はDMVのサーバに保管されているので、写真の再撮影も不要でした。でも、免許証のデザインは2年半の間で結構変わってるんですね。

結局、財布を失くした時の絶望感は杞憂に過ぎず、思ったよりも簡単に元の状態に戻りました。

本当は、これだけじゃないんです。公共料金などの自動引き落としの設定変更が必要なんですね。

・電話/Intenent/TV
・電気料金
・水道料金
・高速道路通行料金(E-ZPASSって言います)
・ゴミ処理

こんな感じです。丁度、引き落とし時期と、カードを失くした時期が重なって、引き落としが出来ない場合も想定されたのですが、結局は無事に引き落としが出来ました。

財布を失くした場合の参考になるかも知れないので書きましたが、実のところは他に何が入っていたか定かではありません。ラッキーだったのは、日本に出張した際の領収書類を前週に全て取り出していた事です。これを失くすとショック大きすぎでした。不幸中の幸いってことでしょうか。

この日はゴルフをしましたが、スコアカードは失くすし、酷いスコアだし、最後に財布を失くすしで、どんなゴルフだったか記憶が定かでありません。こんな日もあるんですね。皆さん、気をつけましょう。

8 件のコメント:

TODOS さんのコメント...

う~~む、それは大変でした。

私はゴルフに行くときは財布を移し換えて、お札数枚と、免許証、保険証、カードは1枚のみにしています(いました)。

無くすと面倒なのと、担ぎの時は出来るだけ軽量にしたかったので。

それはそうと、自宅待機してます。余震と放射能、プラスするところガソリン入手難で北に行く気になりませんです。

trimetal さんのコメント...

TODOSさん、

お元気されてますか。
自宅待機とは大変な状況ですね。確かに茨城も北部方面は一層厳しいようですね。

財布の移しかえは必要かも知れません。今後は気をつけて、対処したいと思います。元々、財布は軽いので、担ぎには影響ないのですけどね。

yspz さんのコメント...

こんにちは。

私は秘密ですが、財布(は持っていませんけどカード&名刺入れ的なもの)をプレー中はキャディーバッグの奥に押し込みます。
で、ラウンドを終えたらポケットに戻します。

日本ではお風呂にはいるのでコースの貴重品ボックスに預けますが。


現金はポケットに直に$50-60入っていまして、ラウンド中もポケットに入ってます。


福島の発電所の件、非常に危惧しています。
trimetalさんもお書きになっているとおり私もゴルフブログって気分になれなかったんですが(コメントとかは入れてました)、今日、別な意味で更新しました。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

やはり、皆さんは貴重品の保管方法には工夫されてるんですね。その点では無頓着だったかも知れません。

原発の件は、読ませて頂きました。本当にやばいですね。まさかチェルノブイリのような事が日本で起こると思ってませんでした。でも、あまりに、遅すぎるアクションや報道には皆さんがフラストレーションを溜めていると思います。但し、私は敢えて批判はしない事にしています。とは言え、テレビ見ながら妻と二人で文句ばっかり言ってますけどね。

yspz さんのコメント...

そうですね。

災害事態は想定を遥かに越える規模でしたからしかたないと思いますが、直後の対応は人為ミスで誤ったように感じますね。

でも、批判記事を書いたつもりはありません。


自治体まるごととか、政府がどうするといっても難しいですから、個個人のレベルで情報を把握してどう行動するかジャッジする材料になれば、と思う次第です。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

仰る通りで、Zさんの記事は批判ではなく、USから見た本音の報道と、何か本質を隠蔽しているような、建前のような発表内容のギャップが書かれています。

その点は全く同感で、聞いていても少々じれったい気持ちになってしまいます。

しかしながら、当局として発表する場合は、仕方のない部分もあるでしょうね。

報道以前に、対応の遅れは後々まで事態を悪化させる例なのだと思った次第で、何事も早いうちに手を打つ。それができる組織かどうかが問われているのでしょう。

スノーマン さんのコメント...

私も、地震、津波があった日からどうしても、ブログを書く気になれないんですよね。

被災した方々の話を聞くたびに、涙がこぼれてきます。
今も大変な状況ですが、これからの事を思うと、シアトルにいる私ですら、途方にくれてしまいます。。。
 


財布が、一応届いて良かったですね。

かなりノー天気の私ですが、忘れ物、落し物は殆どした事ないんですよ!

でも、もし財布落とした時はtriemtalさんのブログ参考にして、手続きしよっと!

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

こんにちは。やっぱり震災の影響でブログを書く気分ではないのですね。そういう方が多くいらっしゃいます。ニュースを見てると、結構ショックですからね。

財布を無くすなんて普通はありえませんよね。勿論、私も初めての事で、自分の馬鹿さ加減に腹が立ちました。でも、ブログにも書いたように、思っていたよりも結構簡単に済んじゃうんですね。カードや免許証の再発行自体は簡単なのですが、悪用は怖いです。その点で、悪用されなかったのは幸運でした。