2012年6月15日金曜日

中々に難関コースです(#16 Knoll CC West)

2週間前のラウンドレポートを書いています。

先週は引越しで、それまでは準備に大忙し。今週末は担ごう会コンペで、又も準備が大変でした。という事で、ブログを書く余裕もなく、2週間も放置でした。

さて、6月第一週の土曜日は、月に一度の育友会コンペですが、今月はコースの調整ができず、初めてのコースで開催となりました。

コースは、New Jersey北部にあり、自宅から一時間くらいにある、Knoll Country Club West Courseです。日系人会がメンバーだとかで、その紹介で予約したそうです。写真のように、クラブハウスは立派なメンバーコースでした。

Knoll Country Club West Course
Course Length:6850Yards/Par70(35,35)
Course Rating:73.0
Slope Rating:131


数字を見てもわかりますが、Par70で、Course Ratingが73.0ですので、結構難しいです。実は距離も結構あります。

コンペ前夜まで凄い雨が降ってまして、開催が危ぶまれましたが、早朝に雨が上がり、無事に開催となりました。しかし、コースは至るところに水溜りがあり、全体的にウェット。当然ドライバのランが無いわけで、それでなくても長いのが一層長くなってました。

一番ホールは、少し打ち下ろし、セカンド地点から打ち上げの真っ直ぐなPar4です。実は一番からドラコンなんですね。

我々のコンペには馬鹿飛びする人が何人か居るんですが、一番ホールにも関わらず、マジに300ヤード以上飛ばした人が居ました。本人曰くは、少しテンプラだったそうですが、私よりも50ヤード以上は飛んでました。まあ、羨ましい限りです。

さて、予想通りに難易度の高いコースで、連続ボギーで始まり、寄せが上手く行ってパーが続き、ドライバのミスでボギーと、まあ無難なスタートでした。

この写真は、6番ホールのPar3です。

グリーンの周辺はほぼバンカーで囲まれ、グリーンに乗らなければバンカーです。ここは、思ったように飛距離が出ずに、惜しくもグリーンに届かずにバンカー淵のラフでした。思い空気のために、結構飛距離が落ちるんですね。自分では快心のショットだと思ったのですがね。それでも、寄せとパットでパーが取れました。

9番ホールのセカンドは良かったのですが、思った以上に追い風が吹いていたようで、グリーンを超えてしまって難しいアプローチが残りました。パットも入らずに惜しくもボギーでした。

前半は、何となく5つのボギーを叩いてしまって、良くもなく、悪くもない40でした。初めての難易度の高いコースでは、及第点でしょう。

それにしても、ドライバの飛距離が出ない日でした。飛ばしたいと思う気持ちが余計にヘッドスピードを落としているようで、セカンドの距離が厳しい一日でした。もっと初めから楽に振って行けば良かったかも知れません。どうせ飛ばないなら開き直りも必要かも知れません。


後半のゴルフもショットはイマイチで、長いセカンドを何とかグリーン近くに運んで、アプローチとパットで凌ぐ疲れるゴルフでした。

10番、12番は寄せで何とかパーを拾った後の13番は長いPar3でした。

この日は10ydsほどティが前だったので、実質240ydsのPar3でした。ドライバで打ったのですが、チーピンを打って左手前のバンカーでした。ピンまで40ydsもあるバンカーショットを4歩に寄せて、入れたパーが取れました。結構嬉しいパーでしたね。

但し、この後は4ホール続けてアプローチが寄らずに4連続ボギーでした。後が無くなった後の最終ホールが次の写真です。

正面にクラブハウスが見える、グリーンに向かって少し打ち上げる綺麗なホールでした。
このティショットは、普通に打てまして、セカンドのミスがありましたが、ピンまで32歩のアプローチが残りました。浅いラフでしたが、SWのアプローチは上手く打てたと思います。2歩程オーバーしましたが、下りパットを入れてパーが取れました。

後半も、アプローチの乱れはありましたが、5つのボギーで40でした。まあ、こちらも実力道理ですね。ショットが悪すぎます。


青ティのコースレート/スロープは73.0/131、パーは35・35=70です。
アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。なお、括弧内の数字は歩数でアプローチの距離を表します。yが付いている場合は、ショットの距離で、アプローチには入れてません。寄せて1パットで上がりたい凡そ30yds以内をアプローチとしています。

1 4 △ 0 2B(25)
2 4 △ 2 10S(121)
3 3 - / ②(20)
4 4 - 0 22AL-①(182y)
5 5 △ 2 5A(98y)
6 3 - / ②(18)
7 4 - 0 17S-②(158y)
8 4 △ 0 13S(42)
9 4 △ 0 3AL(20)

10 4 - 0 ①(30)
11 4 △ 1 4BL(45)
12 4 - 0 ②(15)
13 3 - / ④(40,SS)
14 4 △ 0 6S(21)
15 5 △ 0 7S(24,Sx)
16 4 △ 0 5S-①(26,Sx)
17 3 △ / 8AL-①(28,Sx)
18 4 - 0 ②(32)

40(16)・40(14) = 80(30)

Differential = 6.0

DAP: 5
GIR: 2(2,0)
Par Save: 8(4,4)
Par Break: 0(0,0)
Sand Save: 1/4
Approach Save: 6/14



GIRが2とは情けない限りで、コースが長い上に、ウェットで殆どグリーンに乗りませんでした。一番の原因はティショットの飛距離と方向性がNGだったためです。少しでも曲げてラフに行くとパーオンは全く期待できない難しさだったと思います。

アプローチは、後半の4ホール続けてのミスはありましたが、それ以外は普通に寄ったと思います。その上で、パットは良くなりつつあり、2歩前後が比較的入ってくれました。

最近は、ショットが良くないので、30パットくらいのラウンドが続いていますが、あまりにショットが悪いので、寄せがもっと良ければ、パットももっと減ると思います。

4 件のコメント:

yspz さんのコメント...

これは確かにものすごい立派なクラブハウスですねー。

しかし13番のパーはすごいです。

そのバンカー入れたら、私は楽勝でダボの可能性大です。(^^;


確かにGIRが少ない中、良く拾えてますね。
出だしの2歩が外れた以外、2歩以下が全部ちゃんとカップインしていますし。(^^)

スノーマン さんのコメント...

こんにちは。

6番のバンカーで囲まれてるグリーン、こういう苦手ですねぇ~。

あと、パー3なのに240Yもあるんですか?長~い!
でも、40Yのバンカーから4歩につけてパーを取るなんて、
やっぱり、流石だなぁ~。

サンディパーは特に嬉しいですよね。

相変わらずのショートゲームで、スコアをまとめてますね。

私も、見習いたいで~す。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

13番のバンカーショットは長かったですが、下が硬いのが分かったので、上手くバンスが使えました。私もダボを覚悟しましたが、ラッキーでした。

ここのところ、短いパットが安定してきましたので、嬉しいです。でも、遅いグリーンになるとやはり駄目ですね。要するに打てないんです。

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

6番が一番凄かったですが、殆どのグリーンはバンカーで囲んでるんです。それも深いんです。バンカー苦手な人は萎縮するかも知れません。

米国では、異常に長いPar3が多いですね。一番長かったのは、フルバックから260ydsありました。私の飛距離じゃ届きません。

ショートゲームは仰るように上手く行ってますが、ショットが最低の出来です。これを何とかしないとこれ以上のスコアは望めませんね。