2010年11月3日水曜日

後半崩れるのは何故?(40回目)

先日の土曜日は、Long Islandの中程にある、Hamlet Willow Creek GCという、結構立派なパブリックコースをラウンドしてきました。

Hamlet Willow Creek GC
Course Length:6611Yards/Par71(36,35)
Course Rating:71.7
Slope Rating:128

コースは、数年前に出来たらしく、池、クリークが多数あり、グリーンは大きくうねった難しいコースでした。但し、コースはそんなに長くないし、FWの状態は最高に良いので、気持ちの良いコースといえます。この時期は、エアレーションの影響は避けられず、2週間程まえに行った痕跡は残り、所々で難しいホールがありました。それだけがパットが悪い原因とも言えませんが、1番ホールからパットで苦労しました。

さて、この日は、今年NY地区で行われた3日間のスクラッチトーナメントである、Best30 Charity Golf Tournament(こちらこちら)幹事および、ボランティアの方々の慰労会でした。本当は9月頃にやる予定でしたが、全員の日程調整ができず、シーズン最後になってしまいました。

前述しましたように、コースはとても良かったです。それに最初の写真のように、練習場も立派だし、天気も最高でした。

ところが、9時の気温が5℃、日中でも10℃くらいの上に、強風が吹いてとても寒かったです。私の一番弱いコンディションです。それでも、10時のスタート時点では、風も強くないし、お日様が出てて、そこそこ快適でしたが、後半からは少々厳しい気候となりました。まあ、それがスコアに現れています。

Score: 84(41,45)
Put: 36(19,17)
DR Accuracy: 7/13(53.8%)
GIR: 8/18(44.4%)
Par Save: 10/18(55.6%)
Par Break: 1/18(5.6%)
Approach Save: 4/8
Sand Save: 1/3
Differential: 9.9(18番ホール調整)

詳細はスコアカードを御覧いただくとして、Statsを見ると、Par Saveは10ホールあるし、パーオンも前半だけ見ると6ホールもあるんです。即ち、出足は好調なショットだったんです。ドライバはイメージ通りのドローボールかストレートで安心していられました。また、長い距離もUが上手く打ててちゃんとグリーンにも乗りました。ただ、前半はパットが思うように行かず、1歩以下を外すことが多く、良いショットを生かしきれなかった感じでした。

最初の写真は、1番ホールのスタート風景です。緑の芝と白いバンカー、それに青い空のコントラストがとても綺麗です。

手前に写っている派手なズボンの方は、Best30トーナメントにも協力いただいた某Oプロ。Best30で使ったコースでは、64(片方のハーフで29)でラウンドされたとても上手なプロ。この日は不調と言いながら、ちゃんと71で回ってました。

次が4番のPar3です。ここも綺麗なホールですね。でも、グリーンが凄いアンジュレーションで難しいです。

これは8番ホールのティから見たところです。右側の池に沿って緩やかに右に曲がっていくホールで、某Oプロは滅茶苦茶綺麗なフェードボールで300yds飛ばしてました。私はと言えば、無難なドライバショットの後、アイアンも上手く打てて乗りましたが、下りのパットを少々オーバーしてボギーとなりました。兎に角、1番の4パットと8番の3パットが痛かったです。

後半に入った10番ホール当たりは、未だ良かったのですが(写真は10番ティから見たところ)、徐々に風が強くなり、飛距離も方向性も悪くなりました。

次の写真は、一番綺麗なホールで、16番Par3です。逆光で空が白く見えますが、風が兎に角強かったし、寒かったです。グリーンを見ればわかると思いますが、凄い傾斜とうねりです。このホールもグリーンを外して寄せに失敗してのダボでした。

最終ホールでは、ドライバショットのボールが右に飛び、ロストしてしまいました。打ち直しもイマイチ距離が出ずに、乗らずにトリとなってしまいました。その前の17番では良いショットを続けてパーを取ってたので惜しいロストボールでした。

後半になってショットが乱れるのは、今回だけではなく、最近に多い傾向ですが、ドライバに限っては、少し思い当たる所があります。

前半は、スイングプレーンを意識しているので、インパクトはどうなっているか無意識です。ところが、後半になってくると(多分、風が強くなったり、寒くなって飛距離を出そうと意識するからだと思いますが)、スイングプレーンよりも、インパクトを強く叩く事に意識が行ってました。その結果、フック、プッシュ、チーピンなどの悪い癖が顔を出し、余計に飛距離が出ない事になってるんですね。実は、この事は翌日のラウンドでも同じ事を繰り返していて気が付いたので、次からは最後までプレーンを意識して振ってみようと思います。

4 件のコメント:

やきそばパンZ さんのコメント...

こんにちは。

とても綺麗なコースですねー。

私、こういう感じのコースがとても好きです。
(好きですと言っても、必ずしも良いスコアで回れるという意味ではありませんですが。(^^;)

グリーンなんかも、うねうねっとした感じがワクワクします。
(ワクワクすると言っても、(ry )


しかし、スロープ・レートがそろえほど高くはありませんね。
全体にフラット目だからなんでしょうか? ドライバーの落しどころが広かったりするのかな?
距離が短くても、もっとスロープが高いコース結構ありますもんね。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

おっしゃるように、Slopeが128ですから、そんなに高くないですね。多分、一打目のFWは比較的広かったし、距離的には私も全然問題ないレベルなのが理由だと思います。

この日はパットが本当に入らず、後半はドライバが酷い状態で、このスコアなので、パットとドライバが普通なら70台でラウンド可能なコースなので、やはり数字通りのslopeなのかなと思います。

ただ、エアレーションする前のグリーンは滅茶苦茶早くてアンジュレーションあるので、難しいと言ってました。夏に一度行きたいコースですが、結構フィーも高いそうです。

スノーマン さんのコメント...

trimetalさんが、4パット!?
そんな事も、時にはあるんですねぇ~。

最近の私のドライブ、調子悪いんですよねぇ~。
打つぞぉ~!という意気込みが、肩に余分な力を
入れてしまっているようです。。。

プレインになっているかどうか、注意してみようと
思います。

シアトルは、11月15日までスコアーを
ポストしますので、何とか、
もう少し良いスコアーをポストしたいと思ってます。

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

この日は出足でつまづきました。最初のパットは下りの長いパットだったのですが、1歩まで寄せて安心していたら、それを外し、続けて半歩くらいも外して3パットです。ショック大きかったです。

でも、前半は結構耐えてたんですけどね。後半になってドライバで力が入ったのですね。やはり、スイングを意識するべきでインパクトを意識しちゃ駄目ですね。

ドライバは飛ばそうと思えば思うほど駄目ですね。ゆっくりとスイングを心がければ安定感が出るんじゃないでしょうか。もう一頑張りしましょう。