2011年11月25日金曜日

晩秋のゴルフ(42回目)

秋も深まって、広葉樹の葉はほとんど落ちてしまった、少々寂しい季節です。

先週の土曜日は、予定がなかったので、近くに住む友人を誘って、地元のコースをラウンドしました。家から10分ですので、お手軽です。

Griffith E. Harris GC
Course Length:6512Yards/Par71(36,35)
Course Rating:71.0
Slope Rating:125

最初の写真は、スタートホールですが、周囲の木から緑が無くなって寂しい風景ですね。

この季節、常にそうですが、グリーンはエアレーションの影響で凸凹で、コース全体が少しウェットになり、ボールには泥も付きやすくなります。そのため、ほとんどのコースはWinter Ruleとなり、Clean & Placeが普通となります。私の場合、基本ノータッチですが、この季節は、酷いライや泥が付いた場合にClean & Placeを行っています。

さて、同伴したのは、近所の友人Tさんと、もう一人は一人で来ていたDickさんで、80歳との事ですが、足腰が弱っているので、カートでのプレーでした。アメリカでは良くある風景ですね。

でも、このお爺ちゃん、普通じゃありませんでした。

私は、白から打つので、若い人はバックからと言いながら、おもむろに白ティからドライバでショット。一瞬目を疑いましたが、低い弾道ながらストレートの素晴らしい当たりでした。200yds少々ってところでしょうか。最初は、偶然かなと思ったのですが、2打目の170ydsくらいもウッドでストレートの弾道で、グリーン手前のカラー。80歳の球筋とは思えません。

少々感動したので、次のホールで後からビデオを撮らせてもらいました。

video

この当たりは、少々右手の返しが早かったのか、フックボールを打ちましたが、右手のローリングが素晴らしいし、フィニッシュはパーマーの様なハイフィニッシュですね。多分、当時の流行だったのでしょうね。

少々気になったので、若い頃のHDCPを聞いてみたんですが、何と+2だったそうです。USアマにも、USシニアアマにも何度か出たそうで、我々とはレベルが違ってました。流石に昔取った杵柄ですね。

兎に角、お爺ちゃんのプレーに感動したラウンドだったのですが、自分のプレーは出足はイマイチでしたが、徐々に安定してきて、非常に良いショットも出始めました。

次の写真は5番ホールのPar3ですが、最近の練習で左腕を伸ばし、トップを少し深くすることでインパクトのタイミングが良くなって、ファイショットが出るようになりました。このホールもピン左に落ちて、少し奥まで転がりましたが、僅かにパットが外れてパーでした。

次の長い6番ホールは、451yds/Par4で、ドライバはイマイチでしたが、アプローチは絶妙で、カップを掠めてOKパーでした。このホールは一番難しいのですが、何故かパーの出るホールなんです。

7番では、ティショットも上手く打てて、パットも入って、この日唯一のバーディでした。

前半は、8、9番でパットミスのために連続ボギーでしたが、ショットは安定していたと思います。

12番ホールは、左右を林に囲まれて、普段は結構狭く感じますが、葉が落ちた晩秋には、プレッシャーが無くなってきます。ここも綺麗な弾道でFW右サイドに止まって、イージーパーでした。

後半はバンカーのミスと、3パットでボギーはありましたが、無難なハーフでした。


青ティのコースレート/スロープは71.0/125、パーは36・35=71です。
アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。

1 4 - 1 ①(25)
2 4 △ 0 6A(28)
3 5 - 0 17S
4 4 - 0 ①(20)
5 3 - / 13B
6 4 - 0 ①(25)
7 3 ◯ / ⑧
8 5 △ 1 2B(22)
9 4 △ 0 13L-4B(3putt)

10 4 - 0 3A
11 3 △ / 10A(20,Sx)
12 4 - 0 8A
13 4 - 0 12S
14 5 △ 0 13L-3B(3putt)
15 3 - / 10A
16 4 - 0 13B
17 4 - 0 ③(25)
18 4 - 0 8A

38(15)・37(18) = 75(33)


この時期のスコアとしては良かったと思います。

この日はアプローチが良くて、1歩以内に付くケースが3回もありました。後半は殆どがパーオンしていますので、パット数は多いですが、悪く無かったと思いますし、17番の3歩は嬉しいパー奪取でした。

2 件のコメント:

スノーマン さんのコメント...

こんにちわ!

相変わらず、素晴らしいスコアーですね!


いつも、さっと流して見ていたスコアーの表記ですが、今回表記法に関する記事をじっくり読んでみました。
Zさんの考案とありましたが。。。
こっ、こっ、細か~い!

私、プレー中に、これだけの内容を記録出来ませ~ん!

私が記録できるのは、①フェアウエー②レギュレーション③パット数。以上の3点のみです!

ところで、80歳のおじいちゃん、すごいですよねぇ~。
スイングも力強かったですね。 
見習いたいです!

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

こんにちは。
パットの距離と曲がった方向については、スコアカードの逐一書いてますので、簡単ですよ。でも、Zさんは、上り、下りも全て書かれていますので、私は未だ未だです。

80歳になって、こんなスイングと弾道の球を打てるなんて憧れますね。普通じゃありませんでした。