2011年11月21日月曜日

グランドチャンピオン(育友会)

毎月参加している育友会コンペは、10/29の最終戦で、毎月の優勝者の中から、グランドチャンピオンを決める予定でしたが、生憎の雪のための延期となり、11/12に振り替え実施となりました。

しかし、急な雪で延期となったために、3人の月例優勝者が欠席となり、5名でのチャンピオン戦となりました。私は8月に優勝して、有資格者の一人です。

コースは、毎度開催しておりますが、NJ中北部にあるKnob Hill Golf & Country Clubです。コースは住宅街の中に作られ、池や木があってスコアを崩しやすい設計になっています。

Knob Hill Golf & Country Club
Course Length:6408Yards/Par70(34,36)
Course Rating:71.3
Slope Rating:131

この日は、グランドチャンピオン決定と同時に、来年度の初戦としてのコンペも平行して実施されます。5人の優勝者のうち、4人が同組となり、安定感から見て、自分も含めた同組の4人の中からチャンピオンが出ると予想されていましたので、何とか自分がこの中で一位になりたい所です。

コースコンディションは、エアレーションの影響も少し残っていましたが、一番の課題は強風でした。この時期の強風は毎度の事ですが、特に強い風に参加者皆が悩まされました。それでも、気温は13℃くらいあったので、寒さは感じませんでした。

さて、1番ホールから3パットで始まった波乱を予感させるスタートでした。

3番のPar3では、右の池が気になったのか、アイアンをフックさせて、2回も打ち直す羽目になりましたが、幸運にも最初のボールが木に当たってバンカーで止まってました。ラッキーなボギーでした。

次の写真は、5番ホールのセカンド地点です。空の青さが際立っていたので、記念に載せておきます。ここからピンまでは126ydsだったのですが、風の計算を間違えて全く届かず、さらに右に押し出して手前のバンカーで目玉。ここから2回のミスが続いてダボは痛かったです。

それでも、7番で5歩が入ってバーディが取れて、一息ついた所です。

次の写真は毎度池に入れている8番ホールのセカンド地点です。この日は、右ドッグレッグのホールで、少しドローボールを打ってしまって、セカンドは残りが175ydsも残っていました。さらに風もあって、通常ですと間違いなく池に行くところですが、旨くUが打てまして、何とか2オンに成功しました。これがやっと二つ目のパーでした。

こんな調子で、前半はイマイチで6オーバーの40でした。パット数も17で相変わらずですね。

後半の10番は、引っ掛けて木の下からレイアップのスタートです。(ダボ)

ところが、12番でグリーンを外した後のアプローチをミスしまして、その後の3打目のアプローチが幸運にも入ってくれて、何とか帳尻が合ってきた感じです。

それでも、引き続きショットが不調で、グリーンを外してはアプローチで何とか寄せる際どいゴルフが続きました。まあ、風が強いので、私だけの問題ではなく、優勝を争う全員が苦労していたのが救いです。

17番でも、ティショットがフックして左ラフに行ったと思ったら、ボールは窪みに入っていて、まともに打てず、最後は辛うじて寄せワンでボギーと言う有様です。

この時点で、同組の中でトップを行く人とは一打差で負けています。一応ハンデがあるので、同ネットの場合は、私の方が上位に行けるので、チャンスは残っていました。

でも、18番のティショットを打った時点では、相手は快芯でFW中央、私はキックが悪く右のバンカーに入って残りも上りで170ydsありました。さらに、ここからセカンドはグリーンに届かずに手前にバンカー。まあ、ここで万事休すですね。

ところが、トップの人が、FW中央から150ydsくらいを大きくフックさせてピン左のバンカー。それも、左足下がりの悪いライでピンチです。なんかチャンスが出てきた感じです。(ご本人も優勝を意識したのかも)

結局、私はバンカーから2歩に寄せてパー。相手はバンカーから出ずにダボ。このホールで逆転と相成りました。

後半は、強風の中でアプローチとパットで頑張って13パットと検討した方だと思います。

最終的に、一打差でグランドチャンピオンとなりました。


青ティのコースレート/スロープは71.3/131、パーは34・36=70です。
アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。

1 4 △ 0 18L-4B(3putt)
2 4 - 0 10A
3 3 △ / 12L(25,Sx)
4 4 △ 1 15AL-①(45)
5 4 0 ①(15,25,Sx)
6 3 △ / 6B(18)
7 5 ◯ 0 ⑤(75)
8 4 - 0 21L-③
9 3 △ / 4B(17)

10 4 2 1B(13)
11 4 - 0 4A
12 3 - / (12,18)(チップイン)
13 4 △ 0 ②(31)
14 5 - 0 5S
15 3 △ / 3B(22)
16 5 - 0 8B(27)
17 4 △ 0 ②(15)
18 4 - 2 ②(24,SS)

40(17)・41(13) = 81(30)


私のホームコースはNJで、NJ地区のスコアポスト期間は終了しているので、スコアは参考記録です。

スコア自体は、パットを除けば見るものも無かったのですが、この日のコンディションからすれば、まあ悪くないスコアだったかも知れません。

その結果、このスコアで、ベスグロも頂きました。毎年、最終戦はコンディションが厳しいので、80くらいでもベスグロが取れますし、昨年(こちら)に続いての最終戦ベスグロでした。

この日は、これ以外に、毎月欠かさずに出場した皆勤賞も頂き、最後に一位と二位を当てる馬も当ててしまいました。何か、独り占めって感じで皆さんから恨まれてしまいました。

4 件のコメント:

yspz さんのコメント...

こんにちは。

グランド・チャンピオン、流石です。
おめでとうございます。

やはり、バンカーの上手さが最後に光った感じですね。
私はこのところの不調をようやく脱出しつつありますが、バンカー・ショットは依然としてひどい状態です。なにが変わってしまったのかよく分かりません。 アゴの状態によっては、エクスプロージョンを止めてむしろCT-30で出した方が良いぐらいです。


風の強い日は、曲がりが大きくなりますよね。
意外にショットは思ったよりも不調ではなかったのかも知れません。

加えて、風の影響で体の芯がブレてくるショットもありましたでしょうし。


良いショットも読みが外れると思ったところに行きませんし、風の日は難しいですねー。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

ありがとうございます。今年初めて優勝して、その上にグランドチャンピオンは嬉しいですね。何が嬉しいって、副賞ですね。

一時期バンカーで何度かホームランするケースがあったのですが、最近は良くなってきました。バンカーでは、兎に角ボールを打つのではなく、ボールの手前にバンスをぶつけて、振り抜く事だけ考えています。

ショットは前半不調だったのですが、後半は少し良くなりました。16番のPar5などは追い風に乗ってセカンドは180ydsしかなかったのに、そこからバーディが取れないとは情けないです。まあ、風によって知らず知らずに力が入ったり、芯がぶれたりしてるんでしょうね。

スノーマン さんのコメント...

グランドチャンピオンおめでとうございます!!!
それも、一打差だったなんてスリルがありましたね。
対戦相手も、FW中央からだったのにやはり、意識しちゃったんですね。
きっと、バンカーに入ったtrimetalさんを見て、
気持ちは楽だった筈なのに、ゴルフって
本当に、メンタルスポーツですよね~。
最後の最後まで、判りませんね。

スコアーもこの季節に、81が出せるなんて流石ですね。
色々獲得、おめでとうございます!
シアトルは、雨のシーズンに入りましたので、今度いつプレーできるのかな?って感じです。
でも、ゴルフ体操始めましたよ。5日前から。。。一応、三日坊主は克服してます!(笑)

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

ありがとうございます。

18番のセカンドを打った時点では、一度は諦めかけてましたが、最後までわからないものですね。

スコア自体は、Par70なので、イマイチなんですが、強風のコンディションからすれば、許容範囲だと思いますし、これが実力なんでしょうね。

確か、英国もこの時期は雨が多いんですよね。シアトルと同じ気候なんですね。でも、雨だとゴルフやりたくないですから、屋内での運動に頑張ってください。継続は力なり。