2012年4月15日日曜日

ショットは好調なんですけども(#3 Bowling Green GC)

先週の日曜日も担ごう会のラウンドがありました。

今年は暖かくなるのが早く、4月にして既に5月のような陽気です。この日も非常に暖かく、爽やかな気候でしたが、少々風が強い一日でした。

コースは、いつもと同じNJのBowling Green GCです。林でセパレートされ、距離もそこそこで、ティショットを曲げると難しいコースです。

Course Length:6863Yards/Par72(36,36)
Course Rating:72.9
Slope Rating:133

最初の写真は、3番ホールのPar3です。ティが少し前でしたが、ピンが一番奥のため、実測で235yds程度あったと思います。その上に、風が逆ですので、非常に難しいホールでした。
ここから、ドライバを少し短めに握って普通にショットしたところ、絶妙な方向と距離感で、ピンハイにオンしました。気持ち良かったですね。(グリーンが少し下ってるので届きましたが、中々に長いPar3でした)

次は、左ドッグレッグの4番ホールですが、ティショットが少し右に出て、思ったよりも飛んだために、2打目の位置はこんな所です。
ピン方向に木があります。右は林で抜けませんので、左から3Wでフェードを狙いました。これが結構完璧なショットで、FW中央に止まってくれました。ここまでは最高の出足でしたが、このホール7歩の下りをミスして3パットのボギーとしてしまいました。

この日のグリーンは、本当に速かったです。11フォートくらい出ていたかも知れません。Bowling Greenでは今までの最速だと思いますし、パット数が多い理由の一つかも知れません。

次は、9番ホールのセカンド地点。ティショットは良かったですし、2打目もそこそこでした。
その3打目ですが、ピンまで約80yds程度のSWのショットです。これは上手く打てまして3歩に付けましたが、惜しくも外してパー。

結局前半は、2つのボギーがありましたが、難しい6番、7番を二つともにパーオンパーと珍しく良いショットが続きました。


後半のスタートは、いきなりの3パットスタートでしたし、ティショットのミスもありました。

これは毎度の13番ホールで、見た目の狭いホールです。ティショットは3WでFWに運び、残りの120ydsをPWで打ちました所、少し右に出ましたが、ラッキーなバウンドもあって、ピンに1歩でした。今日初めてのバーディでした。


最後の写真は、16番ホールのPar3です。ティは一つ前でしたので、ピンが最奥でしたが、普段より短めの210yds程度でした。
風が斜めでしたので、3Wで普通に打ちましたら、右に見えるバンカーを越えて、落下地点がバンカー越えのスロープだっため、思いっきり転がってグリーンを大きくオーバーでした。ショットは悪くないのですが、ちょっと不運だったかも。その上に3パットも重なってダボ。チグハグですね。それにしても、グリーンが速いです。

後半は、パットの距離感、方向性がメロメロで、少しを崩してしまいまいた。それでも、風の中での81は上出来だったと思います。


黒ティのコースレート/スロープは72.9/133、パーは36・36=72です。
アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。

1 4 - 0 6S-①(125y)
2 4 - 1 ①(16)
3 3 - / 7L-①(235y)
4 5 △ 0 7S-1A(3putt)
5 4 - 2 ⑦(125y)
6 4 - 0 6L-②(215y)
7 4 - 0 9B(175y)
8 3 △ / 6S(18,Sx)
9 5 - 0 3B(80y)

10 4 △ 0 14BS-2B(157y,3putt)
11 3 △ / 2B(26)
12 4 △ 2 16B-②(45y)
13 4 ◯ 0 ①(120y)
14 5 0 5AL-2A(40,3putt)
15 4 △ 0 31B-3B(105y,3putt)
16 3 / 13L-4A(35,3putt)
17 4 - 0 9S(180y)
18 5 - 0 ⑨(63y)

38(17)・43(20) = 81(37)

Differential = 6.9

DAP: 5
GIR: 10(6,4)
Par Save: 10(7,3)
Par Break: 1(0,1)
Sand Save: 0/1
Approach Save: 1/4

ここの所、ドライバやアイアンショットは好調なんです。そのために、パーオンはするのですが、長いパットが残ってしまって、それを3パットするケースが増えています。ここ続けて2ラウンドは片方のハーフで20パットもしていますからね。

パットについては、長い距離感は比較的良いと思いますが、問題はやはり2歩前後の短い方向性ですね。グリップを色々試しながら、しっくりくる握り方を模索しているので、それがパットが不安定になる理由かも知れません。早く、これぞと言う握り方を見つけないと。

ドライバについては、トップから切り返すタイミングを我慢する事と、オンプレーンを意識することで、捉まりが良くて、比較的距離も出ているようです。ただ、時々飛距離を出そうとインパクトで力が入って引っ掛けるミスが散見されますが、まずまず合格でしょうね。

4 件のコメント:

yspz さんのコメント...

ありますねー、ショットは好調なんだけど、パットとかショートゲームがぴりっと行かなくてスコア的に不満足な時って。


私もようやく昨日ラウンドしてきました。
明日あたり記事にします。

ショットもパットも思ったほど悪くなかったのですけど、突然のシャンク気味のミスショットとかがスコアを崩しました。
まぁ、(私的には)難しいコースではあったんですが。(^^;

trimetal さんのコメント...

Zさん、

こんにちは。

ちょっとショートパットに悩んでます。特にグリップをどう握るかが課題です。ショートパットに良いかなと思う握り方をすると長いパットの距離と方向性が悪くなのがジレンマです。きっと良い方法はあると思うのですが。

Zさんのラウンドレポート楽しみに待ってます。私も先週末に一度アプローチでシャンクしてがっくりきました。シャンクは魔物です。

スノーマン さんのコメント...

P3で235Yもあるなんて、長過ぎます!
4番ホールの写真、右手に出っ張ってる細い木ですけど、この細い木に私って当てるんですよネェ~。

13番、本当に狭いですね。両サイドは、OB?
このホールでの1歩につけてのバーディはスバラシイですね。

パットの握り方を変えようとしているんですか?
trimetalさんのレベルだと、既に出来上がっている握り方を変えたりしないと思っていたので、チョットビックリです。

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

こんにちは。

このコースは、兎に角Par3が長いです。3番ホールが一番長いのですが、他の2ホールも215ydsありますからね。

4番のセカンドですが、最近3Wが好調なので、結構自信を持って左からフェードが打てました。調子が悪い時は、私も気に当てるでしょうね。或いは、フェードを打ったつもりがフックになってOBとかありますよ。

パットについては、握り方よりも、インパクトでの力の入れ方をちょっと工夫してら良くなりました。できるだけインパクトで力を入れないで、テークバックからストロークをゆっくり取る事で改善されたように思います。兎に角、色々と試して良い感触を探している感じです。