2012年10月8日月曜日

アプローチが下手ですね(#38 Bowling Green GC)

新しいシャフトに交換してから、地元コースでは結構良いスコアでしたし、ドライバも安定していました。その翌日は、毎度の担ごう会でしたが、コースが少し長いので、ドライバの効果を確認するには良い機会でした。

コースは毎度のBowling Green GCです。

Bowling Green GC
Course Length:6863Yards/Par72(36,36)
Course Rating:73.2
Slope Rating:134

最初の写真は、一瞬なにかわからないでしょうが、一番ホールのセカンド地点辺りを親子の2頭の熊が横切り、林の中をうろついているところです。

コースの人が雷の時に使う警報を使って熊を追いやりましたが、私がこのコースで熊を見たのは2回目です。近くにいると少々焦りますよね。

さて、天気の方は最高に気持ちの良い気候となり、青空が広がっています。これは2番ホールのティから見た所です。

別のホールでは、秋の気配濃厚です。この写真は苦手にしている13番ホールのティで、林の色が少し紅葉が始まっています。この時期はスコアよりも、景色が気になるtrimetalです。

さらに、毎年6番ホールのティ後にはススキの穂が茂ってまして、毎年楽しみにしています。子供の頃にお月見をした記憶が蘇ります。

さて、ゴルフの内容は一進一退で、前日の好スコアが再現できませんでした。記念にピンフラッグとパターの写真を撮っておきました。

黒ティのコースレート/スロープは73.2/134、パーは36・36=72です。
アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。なお、括弧内の数字は歩数でアプローチの距離を表します。yが付いている場合は、ショットの距離で、アプローチには入れてません。寄せて1パットで上がりたい凡そ30yds以内をアプローチとしています。

1 4 - 0 5AL(120y)
2 4 △ 0 16S(30)
3 3 - / ①(26)
4 5 - 0 4BL(50y)
5 4 △ 0 7AL-2B(140y,3putt)
6 4 △ 1 5BL(38)
7 4 □ 0 18B-2B(14,3putt)
8 3 - / 7L(220y)
9 5 ◯ 0 ②(69y)

10 4 △ 0 5B(35)
11 3 △ / 13BL(20)
12 4 △ 0 12S-①(26)
13 4 - 0 19B(130y)
14 5 △ 0 7L-②(14,Sx)
15 4 - 0 18A(145y)
16 3 - / 6A(218y)
17 4 ◯ 0 ①(175y)
18 5 △ 0 24L-②(90y)

40(18)・40(17) = 80(35)


Differential = 5.7

DAP: 1
GIR: 9(5,4)
Par Save: 9(5,4)
Par Break: 2(1,1)
Sand Save: 0/1
Approach Save: 1/8

なんと、前半後半とも40でトータル80と言うのは、前回同コースをラウンドした時と全く同じです。ドライバは大分と安定してきましたが、この日はアプローチがイマイチでした。

アプローチ指数が1/8と言うのはやっぱりNGですね。この日の問題は、やはり寄せが全く寄らなかった事です。最近、短いアプローチをミスして(トップが多い)大きくオーバーする事が時々あります。

一方、ドライバは安定感があったと思います。新シャフトの効果か、飛距離は伸びていませんが、左右のばらつきは減った気がします。DAPを見る限りは安定していると思います。

パットについては、長いパットの距離感がイマイチで、2歩以上オーバーするケースに3パットする事が2回もありましたので、何か安定感に掛けたパットでした。

2 件のコメント:

yspz さんのコメント...


わちゃー!

赤ちゃんのクマはかわいいですけど、おっかないですねー。
お母さんは気が立ってるかも知れませんし。


最後の写真は、あとボールが入っていたらジャックさんの恒例写真ですね!(^^)


trimetal さんのコメント...

Zさん、

こんにちは。

今回の熊は結構近くにいたので良く見えました。でも、近づくのは怖いので遠目で、コースの人が追いやるのを観察していた次第です。この後、熊は下来た場所に戻って、気に上ってました。ちょっと気にしながらの1番ホールのプレーでした。

フラッグの写真はJackさんのパクリです。でも、記念になりますね。オリジナル版はボールが含まれるんですか。気が付きませんでした。