2010年2月7日日曜日

今日も痺れました(Wシーズン4回目)

我が家のあるコネチカット州グリニッジは寒い日が続いている。写真は先週降った雪が残っている裏庭の風景。
そんな中、昨日日本から戻って、時差ぼけ解消のために、今日もゴルフに行ってきました。当初予定していたMarine Park GCはCloseで、今日のコースは、Queensにある、Clearview Park GCで、JFKに行く途中で、海沿いにある。自宅から30分と至近のコースである。

コース到着の9時50分時点で、-4℃、日中の最高気温は0℃。先週よりは若干暖かいが、逆に風が強く、後半は特に厳しい風が吹き、顔が痛いくらいだった。

コース全長は、6328Yds/Par70で、Course Rating 70.2/Slope Rating 119なので、距離もなさそうだが、Par4が何ホールか長いホールがあった。特に後半は風もあって厳しかった。下の写真はクラブハウス。中にはパブもあるが、今はClose。
また、先週と同様に、冬場のグリーンで、下りに切られた場合は、全く止まらなくてグリーン外に出るようなホールも幾つか見られた。写真の練習グリーンに見るように、洋芝も真冬には成長せずに、枯れてしまうと、高麗よりも遥かに高速なグリーンが出来上がるようだ。空は快晴の気持ちいい真っ青な空。

さて、スタートする時は、参加者が各自のボールを出し、それを放り投げて近くの人から組み合わせを決めていく。各自のボールは同じボールが多いので、それぞれに目立つマークを付けている。今日は7人参加だが、一人が遅れてきたので、この時点で6人。私のボールは簡単なイニシャルだけ。

1番、2番共に、1Wが若干右に出たが、ラフに行くほどもなく問題なし。1番は短いホールにも助けられて、3打目で1.5mに寄せてパー。2番は2打目でピン横のカラーに行き、SWでアプローチが50cmに寄って幸先の良いバーディ。

しかし、ここから悪夢のホールが続いた。3番は1Wが右のラフで、セカンドは枝の下を通してグリーン手前10mもあり、SWも乗らず、PTの寄せも2m残して、入らずのダボ。4番はグリーン横に大きく外し、又してもSWで乗らず、PTの寄せが2mもオーバーして、なんとこれを3パットで痛恨のトリ。寄せとパターが又しても不調。

5番は、1Wが良くなってきた。7鉄のセカンドは悪くなかったが、グリーンにキャリーで手前に乗ったと思ったら、そのままバウンドして奥に外してしまった。ここは砲台で、外すと難しい。絶妙の寄せも超下りのグリーンで3mもオーバーしてボギー。

6番はティーが高すぎたのと、力が入りすぎて珍しく大きくフック。左の木に当たって戻ったために、100ヤードしか飛ばず。3打目の100ヤードが又してもグリーンのキャリーで乗ってしまって大きくオーバー。ここから寄せが又してもグリーンを越えて、寄らず入らずのトリ。やはりグリーン手前から攻めないと全く予想しないくらいに飛んでしまう。

7番はアイアンの方向性良く、手前から攻めて2m強に寄ったが、下りのパットが打ち切れずにパー。
写真のように各ホールにはプレートが吊るされている。8番のドライバは若干右に出たが、セカンドを若干スライスで攻めてグリーンのカラー。21歩あったが、パターが綺麗なラインを描いてピッタリ距離もあってバーディ。気持ち良かった。

9番のドライバは非常に綺麗に打てたが、セカンドの6鉄が右に出てバンカー。SWは綺麗に打てたが、硬いグリーンは難しく2m残して入らずにボギー。

前半は、ドライバはそんなに悪くないが、グリーンへの距離感ミスや、寄せ、パットが全く不調だった。何とか二つのバーディで凌いで43。寄せがあまりに酷いので、パットは16で済んだ。

10番は短いPar4で、SWのセカンドを5m半に付けたが、カップ周辺で蹴られてしまってパー。11番も短いホールだったが、1Wをプッシュスライス。セカンドが木の枝に少し当たってグリーン手前。寄せは1.5mに寄せ、非常に難しいスライスラインが入ってパー。

12番は短いPar3で非常に良いショットだったが、硬いグリーンにバウンドして奥にこぼれた。アプローチも上手く打てたが、早い下りを1.5m越え、返しは微妙に引っ掛けてボギー。13番の1Wは完璧な当たりでセカンドもSWだったが、微妙に左に飛んでグリーンカラーにバウンドして左奥のこぼれてしまった。SWの寄せは上手く打てて、下りをスピンで何とか1.5mまで寄せた。これを入れてパー奪取。

14番は長いPar4で、少々力が入って左の林。枝を避けてフックを打ったが、右側のバンカーの捉まった。ピンまで50ヤードも残るバンカー。SWでクリーンに低く出た球は、バウンドの後スピンで止まったが、それでも5m近くオーバー。下りの微妙なスライスラインも方向、距離もピタリでパー。

15番は短いPar5。しかし、右にプッシュして林。今日は右のローリングが上手く行かずに、プッシュするケースが多い。枝の下を抜いてスライスを打ち、3打目もSWでカップ左に5m。強烈なスライスラインに見えるが、強いと止まらないので、カップの丁度の距離で打ったら、カップ手前でスライスした球は止まる事なく、そのままグリーンを外れる程に転がってしまった。2打目はカップまで10mの上り。何とこれが入ってくれて辛うじてパー。

16番のPar3は強い風で3Wも戻されてグリーン左手前。SWでスピンが利きすぎて4m近くショート。ラインは難しくなかったので、少々気持ちが入りすぎたのか、煩悩の為せるわざなのか、なんとパットをダフッてしまい、半分も行かずに、それも外してのダボ。

17番の1Wもプッシュ気味で右の巨木の前。写真のように、木の向こう(巨木の若干右)にピン。3Uで大きくスライスを打って、グリーン手前10mまで近づいた。寄せも2m強まで寄ったが、微妙入らずにボギー。18番の1Wは完璧な当たりでセカンドも150ヤード強。セカンドは軽く打ったつもりも、右にスライス。SWも綺麗に打てたが、少々止まりすぎて3mショート。これを外してボギー。

後半は、ドライバが若干プッシュして右の林に入ったりしたが、何とか寄せで頑張ってパーを続けたが、16番以降で力尽きた。短い距離のアプローチはグリーンは硬くても比較的スピンが利いて止まってしまって、思ったよりもショートするケースがあった。それでも、5オーバーで40は許容範囲である。

トータル83は、距離が短い割りに、グリーン硬くてオーバーしたり、下りが超難しかったり、風が強くて、飛ばず、曲がってしまったりと思った以上に難しかったかも知れない。今日は参加者も少なく(7人)、83で同組の二人がトップタイだった。(前半のスコア比較で2位となった)

6 件のコメント:

スノーマン さんのコメント...

寒そうですけど、きれいな青空ですね。
グループの中には女性も入ってますよね!
私も以前こんな花のかわいいマーク描いてたことありましたが、もう、その根気がなくなりました。。。
今では、4つのドットとライン1周だけです。

ところで、trimetalさんでもパットをダフルなんてことあるんですね。
#16のPar3は、ダボだった?!
信じられないー!
でも流石、#15ではパーで収めてますね。

ゴルフは、本当に面白いスポーツです。

ところで、この前のアドバイスありがとうございました。
少しオープンスタンスで、回転をしっかり!
コレ、すごく役立ちました。
スイングもスムースに気持ち良く出来ました。
ありがとうございました。

やきそばパンZ さんのコメント...

こんにちは。


9番のパット、気持ちよかったでしょうねー。

430yをバーディーは、ちょっと気持ちイイですよね。

mei さんのコメント...

trimetalさん(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

trimetalさんの自宅 素敵ですね(*^-^)ニコ
自宅付近でアプローチ練習とか出来そうですね♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

組み合わせを決める時 ボールを投げて決めるなんて・・・面白いですね_(・・)/◇ホイ

グリーンは やはり-4℃ともなれば凍っているんですよね。
まだまだ そちらは冬真っ只中のゴルフですね。

こちらは今日 4月上旬の温かさだったそうです。風が強かったですが・・・・なんだか 練習していても 気持ちよかったぁ~♪

出張お疲れ様でしたm(_ _)m

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

一人女性がいます。ボールを掌で受けている人がそうです。非常に力強いし、上手です。彼女のボールは色を変えた同じ模様が幾つかあります。拘っているのでしょうね。

16番で酷いダフリで2mも進みませんでした。実は、いつもオリンピックと言うのをやっていて、パットの如何でポイントが大きく変わってくるのです(賭けは微々たるものですが)。あの時のパットは4mもあるのに気合が入りすぎました。

大したアドバイスは出来ませんが、自分の場合はどうかくらいは言えるレベルです。お役に立てれば光栄です。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

8番のバーディは仰るように、21歩もあって本当に気分が良かったです。実際には、グリーンから60cmくらいのカラーですが、一応パット扱いとしています。

実は、15番のPar5のグリーンで、最初のパットがグリーン外に出てしまいました。今、思い起こせば、Zさんのブログでも書かれていたダウンヒルスライダーというので、カップ位置で丁度止まるイメージで打ってしまいました。その結果、グリーン外まで行ったのですが、サンディエガンさんがコメントされていたように、カップの上50cmくらいで止まるように打てば、問題なかったかも知れません。冬場のグリーンは、こんな状況が一杯なので、面白い一面があります。

trimetal さんのコメント...

meiさん、

いつもコメントありがとうございます。

自宅は遠目には可愛いでしょう。近くで見ると築60年の古い家で、いたる所が壊れてきます。もちろん、家の周囲は芝生なので、アプローチ練習は可能です。あまりしていませんが。

組み合わせの決め方もこちらに来て始めて知りました。通常のコンペなら初めから決めているのですが、スクラッチのプラベートなコンペなので、組み合わせはスタート前に決めています。人数が多いと帽子にボールを入れて投げています。

なお、この時期のグリーンは終始凍っています。特に朝は硬くて、直接乗せると絶対に止まりません。手前から転がす、スコットランドのゴルフみたいです。否、もっと手前から転がさないと乗りませんね。冬は冬で楽しいですよ。