2010年7月3日土曜日

又、後半が別人(17回目)

先週の日曜日は、年に一度の担ごう会コンペ。みんなで担いで回って健康を回復する事が目的でスコアは二の次。でも、一度だけコンペをしようと言う物。珍しい集合写真を載せておきますが、顔は識別できないように縮小しました。

使用するティは自由、グロス優勝以外は順位に関係なく、賞品、賞金があります。ところが、今年は、オネストジョンも追加しました。まあ、これもスコアに関係なく、目標とするスコアに近い人が優勝なので、誰にでもチャンスあり。そうなんです、担ごう会のコンペはグロス優勝以外は、平等なんです。

さて、コースは毎回おなじみのBowling Green GCです。天気は暑くて少々湿気が多い、担ぐには大変な気候でした。
Course Length:6863Yards/Par72(36,36)
Course Rating:72.9
Slope Rating:133

私は、いつものBlackティです。兎に角、Par3が長くて難しいホールです。

今回は前回と逆で、前半が駄目で、後半で頑張りました。7ホールで7オーバーでしたので、最近調子が出てきた中では酷い出来です。特に、3番と4番ホールが問題でした。

3番は、227yds/Par3で、右に飛び出して木の枝に当てて下に落ちました。セカンドの距離感も間違えて乗らずにダボ。

続く4番は写真のように、ティーショットが池越えで、セカンド地点で直角に左に曲がり、そこでクリークを越えていきます。

1Wが薄い当たりで、全く飛距離が出ません。そうすると、左ある大きな木が邪魔で、フックを掛けないとFWに打てません。5鉄でフックを打ったつもりが、少々右に飛び出した球は、戻りきらずにクリークの淵で止まりました。しかし、そこからバンカーに入れて、出した後長い下りの16歩を3パットしての連続ダブルボギーでした。

この2ホールだけで4オーバーですからね。酷いものです。これ以外も6番はプッシュして隣ホール。7番は引っ掛けで左の林と散々な出来でした。

でも、8番ホールから復活するのです。

8番の上りの215yds/Par3は3Wでグリーンカラー。寄せてパー。9番のドライバは復活でFWセンター。写真は3打目の55ydsで、これをSWで2歩に寄せてバーディ。

前半は何とか6オーバーの42でした。

後半は10番のドライバを左に引っ掛けてボギー、14番Par5の第2打を3Wでプッシュした林の中に入れてボギーにした他は安定したショットが出来ました。

11番、12番、13番、15番、16番、17番は全てパーオン2パットのパー。特に、普段は苦手にしている写真の13番も3WのティーショットはFWセンターに綺麗な当たりで、確実にパー奪取でした。

最後の18番は若干の逆風でドライバは飛距離がイマイチ。写真はセカンド地点で、3Wが少しトップ気味のスライスで、飛距離が出ずに、3打目も大きくショートしましたが、35歩をAWで3歩に寄せ、下りのフックラインを決めてパー。このホールだけは厳しいパーでした。

後半は2ボギーの38でしたので、コースの難しさからして十分なスコアでした。


Score:80(42,38)
Put:32(16,16)
DR Accuracy:10/14(71.4%)
GIR:9/18(50.0%)
Par Save:11/18(61.1%)
Approach Save: 3/6(50.0%)
Sand Save: 0/1(0%)
Differential: 6.0

Statsでも明らかに、最近のドライバは安定してきました。また、パーオンも50%程度を維持できていますので、アイアンもそこそこ良くなっている事の証拠です。本当は60%程度のパーオン率が欲しいですが、この距離からすれば上出来でしょう。

やはり良いのは、パーセーブ率が60%を越える点ですね。これを支えているのが、アプローチの正確性だと思います。それでも、未だ50%程度なので、何とか70%くらいにまで上げられると、このコースでも70台で回れると思います。

P.S.
コンペは、グロス同点でトップタイ。後半のスコア優先で優勝させて頂きました。ありがとうございました。

2 件のコメント:

やきそばパンZ さんのコメント...

優勝おめでとうございます。

後半ちゃんと立て直すところはさすがですね。


距離が長いと、ドライバーの少しのミスとちょっとしたアプローチの寄せきれないタッチの2つで、大して悪いショットを打っては居ないのにダブルボギーになっちゃい易いので、やはり私には厳しいなぁ、と思ったりしてます。


このところ、ドライバーが少し不調です。
(と、言いますか、好調な状態が続いていましたので自分でも要望が高くなっているのか、その以前と比べたらこんなものだったのかも知れません。(笑))

trimetal さんのコメント...

Zさん、

ありがとうございます。また、何時もコメントをいただき、ありがとうございます。

長いコースになると、本当にティーショットが普通に飛んでくれないと難しいですね。一時期、ドライバが不調できつかったのですが、最近は少し楽になってきました。でも、やはり長いコースはミスが増えますね。

Zさんは、元々ドライバが苦手と仰ってましたので、克服したと思っていました。もしかしたら、少し長いコースで、スイングのリズムを崩されたのかも知れませんね。私は長いコースでは時々起こりますので、距離を意識しない事を徹底して頭に叩き込まないとスイングがボロボロになってしまいます。