2011年9月8日木曜日

図に乗ると駄目ですね(29回目)

最近のゴルフはショットが好調で、パットも入るようになってきました。しかし、それもあっと言う間の話で、アマチュアは簡単に調子を落としちゃうんですね。また、調子が悪くなると、ブログのアップも滞りがちになります。

先週の土曜日は、月に一度の育友会コンペでした。この日の参加者は32人で、私のHDCPは2となっています。先月は73(HDCP5)で初めての優勝を手にしたわけですが、この日もさらにスコアを伸ばそうと少々入れ込みすぎていたかも知れません。

コースは、NJの中北部にある、Knob Hill Golf & Country Clubで、距離は短いですが、グリーンが速く、池、林がスコアメイクの邪魔をするちょっとだけ難しいコースですが、HDCPが多い人には凄い難しいようです。そのためか、ローハンデの人が上位に来るコンペです。こう言う不公平さを無くすためにSlope Ratingという仕組みがあるんですが、それを実感できるコースだと思います。

Course Length:6408Yards/Par70(34,36)
Course Rating:71.3
Slope Rating:131

まあ、結果を先に見ていただければ分かりますように、先月よりも10打も悪くなる、予想外のお呼びでないスコアとなってしまいました。

この日の一番ホールは、何故か一段下のティで、白ティの少し後でした。この位置からですと、真っ直ぐ打てば突き抜けますので、少し右狙いですが、ドライバが上手く打てました、残りは僅か115ydsの距離を残すのみでした。アイアンの距離ミスがありましたが、何とか寄せてパットも入ってパーのスタートとなりました。

ところが、2番で3Wのティショットが目一杯右に付加して林の中に飛び込むOBを久しぶりに打ってしまいました。続く3番でもバンカーに入れた後の3パットで連続ダボと情けない出足となっています。

前半は、これだけに留まらず、7番ではレイアップしたショットがフォローの風で飛びすぎて池ポチャもありました。その結果は、8オーバーの34(Par34)でした。

後半は、比較的順調な出足で、連続パーでしたが、12番で逆風の距離感を間違えて手前バンカーで目玉。14番は会心のセカンドショットで13歩に2オンでしたが、イーグルパットを意識しすぎたか、4歩もオーバーしての3パット。

でも、ドライバは飛ぶんですね。16番でも会心のティショットでセカンドは180ydsしかありません。これだけ飛ぶのはフォローの風だった事と、ある程度飛べば下りになるためもあります。これを4鉄で打ったら、これが又会心過ぎまして、グリーンにキャリーで乗ってオーバーとなりました。まあ、ここは4歩が入ってバーディでしたので、少しほっとしました。

17番のドライバも滅茶苦茶良い当たりで、この時点でドラコン候補。結局、レディスの方に抜かれました(とても前にある赤ティなので、時々負けます)が、最近のドライバは飛距離が明らかに伸びています。でも、フェアウェーにありながら、芝の状態が悪く、沈んだライで、トップしてオーバーとなった次第です。本当にチグハグな一日でした。

最終ホールに至っては、ドライバに少し力が入ったのでしょうね。右にプッシュ気味で木の手前。無理して木の下を抜こうとして失敗。それ以降も3度のミスを重ねて、素のトリプルボギーとなりました。久々のミスオンパレードでした。最後の方は、完全に切れていたかも知れません。反省すべき事です。

結局、後半は最終ホールのスコアが響いて、41(Par36)と普通のスコアとなってしまいました。


青ティのコースレート/スロープは71.3/131、パーは34・36=70です。
括弧内には、アプローチの距離、補足を書いてあります。SSはSand Save、SxはSand Save失敗です。

1 4 - 0 ②(23)
2 4 4 ③(24)(OB)
3 3 / 5AL-1A(20,Sx)(3putt)
4 4 △ 0 2B(32)
5 4 - 0 20AL
6 3 △ / 4L(28)
7 5 0 5AL(14)(池ポチャ)
8 4 - 0 11A
9 3 - / ⑥(27,SS)

10 4 - 0 8AL
11 4 - 0 10B
12 3 △ / 9B(20,Sx)
13 4 - 1 16S-②
14 5 - 0 13L-4B(3putt,2ON)
15 3 △ / 5A(26,Sx)
16 5 ◯ 0 ④(25)
17 4 △ 0 8A(20)
18 4 +3 2 4B(30,15,Sx)

42(16)・41(18) = 83(34)


スコアは、説明した通りで、見るべき点はないのですが、個々のショットを見ると、結構満足な点も幾つかありました。

ドライバは、最近の中では記憶にないくらいに飛んでいます。トップの位置を変えた事と、ダウンスイングのタイミング、右手の使い方の工夫などで、非常に綺麗なドローボールの弾道になっているためと思います。

同じ事がウッドについても言えます。14番のセカンドショットは横風の中で235ydsありましたが、綺麗なドローボールでグリーン手前に落ちて、グリーン奥まで行くくらいの当たりでした。

これらの長いクラブは、同じ打ち方で、同じような弾道が出ていますので、自分の求めるスイングに近づいているのかも知れません。

アイアンも、長いクラブで比較的良いショットが打てるようになってきました。これは、先日から行ってます左腕を伸ばしたテークバックに加え、左右のグリップバランスを少々変えた結果だと思います。

パットについては、先日上半身を完全に脱力する方法を試していますが、この日も同様に比較的上手く打てたように思います。2歩~4歩の距離が幾つか入っていますし、引っ掛けが確実に減っています。ただし、脱力の反動で右に出すパットが少し目立ちますが、右手人差し指の使い方を工夫すると何とか行けそうな予感です。

一時期絶好調だったSWが少々不調と言うか、元に戻っています。この日も4回バンカーショットがあったのですが、SSはラッキーな一回だけでした。

このようにショット自体は悪くないと思いますので、ミスを減らすために少し慎重になる事と、力の入れ過ぎに注意が必要でしょうね。得に、ドライバが飛んでいるので、余計に力が入る可能性があると思います。

----
補足

最初の表題は、「頭に乗ると駄目ですね(29回目)」だったのですが、これはあて字らしく、本来の意味では「図に乗る」が正しいようですので、訂正致しました。国語力の無さを露呈してしまいました。

2 件のコメント:

yspz さんのコメント...

こんにちは。

叩きに叩いても83、と言う感じのスコアですね。


とても羨ましいなぁー、と思いますのはやはりドライバーです。

どの友人に聞いても、あと20y伸びたらどれほどゴルフが楽だろう?って言うんですけど、これはどの飛距離の人も同じようにあと20yくらい・・・って感じるようですね。
私もそう思います。(笑)


ショートパットが戻って何よりでした。(^^)

楽しくゴルフするには、大事な部分ですよね。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

毎度すばやいコメントを頂き、ありがとうございます。

最近はスコアを崩すケースは、ダボやトリを安易に叩く場合ですね。ですので、パーの数は比較的多いんですよね。この日は、ダボとトリで4つもありましたからね。これじゃ駄目ですね。

ドライバは、良いショットをしている日とそうでない日の違いが大きいですね。飛距離の出る打ち方のコツは何となく分かったのですが、それを思い出すのにムラがあります。でも、20ydsも伸びていないと思いますが、時々馬鹿飛びします。

ショートパットについては、一時期の酷い引っ掛けがなくなったので、比較的安心感が出てきました。好循環になってくれれば良いのですが。