2012年5月10日木曜日

池にやられました(#9 Knob Hill GC)


これは先週土曜日のラウンドレポートです。

前日からの雨が止まず、当日はスタート時点から霧雨が降り、芝生もたっぷり水を含んで少し難しいコンディションでした。

この日は、月に一度の育友会コンペで、コースはNJ中北部にある、池が所々で利いているコースです。毎度、池のお世話になっていますが、この日も例外ではなく、痛いところで池に入れてしまいました。まあ、私の限らず、皆さん苦労されていました。

Knob Hill Golf Club
Course Length:6408Yards/Par70(34,36)
Course Rating:71.3
Slope Rating:131

この日の出足は、ショットはイマイチでしたが、アプローチとパットが上手く言って、5番までにパープレーでした。6番もグリーン手前からのアプローチが2歩まで寄ってくれたのですが、これを惜しくも外して、ちょっと嫌な予感のしたところでした。

問題の7番ホールは、2打目と3打目で池が利いている嫌なホールです。ティショット、セカンド共に上手く打ち、写真は3打目地点です。



残りは100yds弱で楽なアプローチでした。ここで52度ウェッジを普通に打てば確実のバーディチャンスに寄る所なんですが、これを微妙にダフったんですね。さらに引っ掛けて左手前のバンカーでした。雨で濡れたバンカーで目玉。その後は、ミスが続いて、結局ダボ。普段はパーかバーディホールですので、痛い痛いダボでした。

続く8番はティショットをバンカー。セカンドのライが良かったのですが、ここから池ポチャで、又もダボ。9番では、7鉄のショットをミスしてバンカー。これもイマイチ寄らずにボギーと、最後の4ホールで6オーバーと酷い出来でした。

次の写真は、10番ホールのセカンドショットです。雨で濡れたFWはランが無く、ピンが奥だったため、未だ200ydsも残っています。さらに、左が池で右が林。難しいショットですが、低い安全なショットでグリーン乗ってくれました。


続く11番のティショットもプレッシャーが掛かります。写真のように、左右が林でどちらに曲げてもスコアを崩します。でも、ここでこの日一番のドライバショットでした。でも、又もアイアンでミスしてボギーでした。どうも、最近アイアンの調子がイマイチです。


続く12番ホールは、非常に短いのですが、打ち上げで距離感の難しいPar3です。写真で見るよりも、もっと打ち上げでピンがギリギリに立っているように見えます。ここは9鉄で辛うじてグリーンに乗ってくれて事なきを得ました。


結局、この後もアプローチとパットに助けられてパーが続きました。でも、最終ホールでミスがありました。ティショットは良かったのですが、セカンドでバンカーに入れ、そこからホームラン気味のミス、更に3パットも重なってダボでした。

後半は調子良かったので、軽く77くらいで上がれるかなと思ったのですが、結局辛うじての70台でした。

でも、コンディションの悪さもあって、ベスグロを頂きました。ちょっと寂しいスコアですが、とりあえず良かったかなと言うところです。


青ティのコースレート/スロープは71.3/131、パーは34・36=70です。
アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。なお、括弧内の数字は歩数でアプローチの距離を表します。yが付いている場合は、ショットの距離で、アプローチには入れてません。寄せて1パットで上がりたい凡そ30yds以内をアプローチとしています。

1 4 - 1 ③(31)
2 4 ◯ 0 ④(103y)
3 3 △ / 2A(22)
4 4 - 0 ①(10)
5 4 - 0 ④(14)
6 3 △ / 2B(28)
7 5 0 3B(15,10,Sx)
8 4 1 3A(70y,池)
9 3 △ / 3S(20,Sx)

10 4 - 0 16S-①(200y)
11 4 △ 0 4A(25)
12 3 - / 13B(128y)
13 4 - 1 ②(16)
14 5 - 0 ②(15)
15 3 - / 9S(190y)
16 5 - 0 14S(120y)
17 4 - 0 2B(109y)
18 4 0 25S-3A(15,Sx,3putt)

40(14)・39(17) = 79(31)


Differential = 6.6

DAP: 3
GIR: 6(1,5)
Par Save: 11(4,7)
Par Break: 1(1,0)
Sand Save: 0/3
Approach Save: 5/11

アプローチ指数は、5/11ですので、そんなに悪くありません。ただ、11ホールもアプローチする程アイアンが不安定だったという事です。多分、ここの所練習する頻度が減って、アイアンが右に吹けるケースが頻発している事が原因だと思います。従来は、このコースでは10ホール以上パーオンするケースが多く、中には15ホールもパーオンして事があるくらいですので、ちょっと考え直さないとならないくらいにショットが悪いです。

パットについては、少し自信が持てるようになってきました。ただ、未だ遅いグリーンに対してはショート気味でSやBに外すケースが多いので、これは自分の特徴なんだと思うしかありません。兎に角、1歩や2歩が入ってくれればOKです。

4 件のコメント:

yspz さんのコメント...

こんにちは。

ショットが調子悪いと言いつつきちんと80を切る当たりは私とはレベルが違ってさすがです。(^^)

下が濡れている状態って打ちにくいですよねー。

そんな中、10番のセカンドショットはすごいです。さすがです。

濡れたバンカーも嫌だなぁ。


砂があんまり入ってないバンカーも嫌です。
(・・・ってか、バンカーはだいたい嫌なのか、私。(笑))

12番は距離感難しそうですねー。
何度か打ってると判ってくるかな?

スノーマン さんのコメント...

trimetalさん、最近、池ポチャよくありますね。

でも、ブログの読み始めは調子悪そうなんですけど、
後半は必ず挽回してますよね~。

今回も、前半でかなりミスが続いているのに、
終わってみれば79!?

私のブログだったら、あの文面からのスタートだと
スコアーは、98位なんですけどねぇ~。。。(笑)

やっぱり、trimetalさんは上手い!! パチ!パチ!パチ!

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

池ポチャが多いのは、ショットが悪いのもありますが、池に入っても良いかなと思う気持ちになっているんです。以前に比べて、スコアをあまり気にしなくなったからかも知れません。勿論、通常の月一コンペの話でして、大事な試合になると安全策を取ると思います。

私のゴルフは何時もそうなんですが、出足調子が悪くても、開き直りなのか、気分の切り替えができると、良いショットのイメージを思い出すんです。なら、始から良いイメージでやれば良いんですね。でも、それができないのが弱い所です。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

こんにちは。Zさんのコメントを見逃してました。失礼しました。

このコースは、Par70ですので、79は良いとは言えないスコアだと思います。やはり、自分の中では77が合格点かなと思っております。その点では、池に嵌めたり、無駄なダボを叩いたりと少々不満が残りました。

濡れた砂は私も不得手でして、上手く打てません。きっと誰でも難しいのだと思います。

12番は、凄い打ち上げなので距離感は難しいですが、風がない場合は、打つべき番手は分かっていますが、風があると急激に難易度が上がります。