2010年3月22日月曜日

春のゴルフ(Wシーズン6回目)

先週末は二日続けてのゴルフ。いよいよアメリカ東北地区にも春が訪れ、ゴルフシーズン到来である。

土曜日は、ロングアイランドの大西洋岸にあるLido Golf Clubの予定で、11時半に現地集合。しかし、予約したはずが、一日間違えて日曜日に予約されていた。どうも、アシスタントプロが頻繁にやらかすようで、何度もあるそうだ。

この日のLido GCは、春爛漫で、皆半袖でプレーし、ハンバーガーの売店も繁盛である。本当はここでプレーしたかったんだけどな。

しかし急遽、近場のコースでラウンドできそうな所を当たり、冬の間に何度かラウンドしたMarine Park Golf Courseでのラウンドとなった。コースは次の通り。そこそこ長いコースだ。

Course Length:6866Yards/Par72(35,37)
Course Rating:72.2
Slope Rating:119

コースは、2週間前と比べて色が変わってきた。写真は8番Par3のピン位置で、今日は珍しくバンカー左に立っている。もう一つは12番で、FWの緑が綺麗に色付いている。グリーンは芝が伸び始めて長めになって遅くなっているが、所々で速い所もあって、安定していないし、少々転がりも安定感のない状況である。

この日の最高気温は22度程度。風が少々強く、2週間前を同じような感じだが、風が遥かに暖かいため、今年初めての半袖プレーだ。

さて、ショットであるが、実は、午前中に近くの練習場で、100球ほど打ってきた。そこで分かった事は、インパクトの前後で体の前傾を保つ事で、捉まりの良いショットが出る事だ。

私の悪い癖は、インパクトの瞬間に体が立ってしまって、クラブが寝てしまう。その結果、フェースが開いて、プッシュする傾向がある。それを修正しようとして、フェースを閉じるとチーピンになる。

では、前傾を保つたにどうするか。私の方法は、インパクトの瞬間以降、ボールを見続けること。即ち、頭が起き上がらないようにする事。練習では、この辺りを試した結果、極端に頭を残すと、フックする。頭の起き上がりが早いとプッシュ、スライス気味。そこそこ傾向はあるが、安定感がイマイチ。そりゃそうだ。100球打ったくらいで安定したら世話無い。

不安を抱えつつのラウンドとなった。

結果、前半は、比較的ドライバ、3Wは左に行ったり、右に出たりしながらも、捉まりの良い当たりが出ていた。しかし、後半になって14番頃に、ドライバを引っ掛けフックを打ってから、引っ掛けフック、プッシュスライスが酷くなり、極端な球筋ばかりになってしまった。結局、付け焼刃が13ホールしか持たなかったのだ。

上にも書いたように、14番ホールからドライバ、ウッドが全く当たらなくなり、2ホールでFWを捉えたが、スライス球で辛うじてFWに残った感じで、飛距離も全くでなかった。風が強い日のスライスは全く辛い事を実感したラウンドだった。

比較的短いアイアンは安定しているが、6番アイアンくらいから安定感が無くなる。特に、方向性と飛距離が全く駄目だったが、17番ホールのティーショットで、長いアイアンの打ち方についてもちょっとしたヒントがあった。

アプローチは、相変わらずショート傾向が強く、パットが不安定なために、寄せて1パットのパターが激減しているのが辛いところ。

スコアの方は、出だしからアゲンストの中で、パーオンせずにボギーを続けてしまったり、3パットしたりと安定感が無い状況であったが、何とか40でクリア。

後半も途中までは良かったが、長いアイアンが不安定で、パーが取れず、オマケにドライバ、ウッドの打ち方が分からなくなってしまった。何とか最後の2ホールでアイアンが少し良くなって何とかパーを続ける事が出来た。

Statsは、

Score:84(40,44)
Put:32(16,16)
DR Accuracy:10/14(71.4%)
GIR:4/18(22.2%)
Par Save:8/18(44.4%)

前回と同様に、少々風が強くて、セカンドの距離が残る事が多く、パーオンが4ホールしかなかった事が響いた。パーの数は8個あったので、グリーンを外した14ホール中4ホールでパーセーブできた事になるが、もう少しアプローチセーブの率を上げたい所だ。

詳細は翌日。

6 件のコメント:

やきそばパンZ さんのコメント...

こんにちは。

いよいよシーズンですね!

trimetalさんにはいろいろと勉強になることを教えていただけるので感謝してます。

mei さんのコメント...

trimetalさん、、、( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

そちらも ダイブ暖かな陽気だったんですね(*^-^)ニコ

芝もダイブ緑色になってきています。
緑色の芝の上を歩くのって、、、ホント 気持ちが良いですよね。ヾ(●⌒∇⌒●)ノ



私も インパクト時に 体が起き上がってしまいます。(おへそが出て お尻が離れる)

その為 プッシュスライスor引っ掛けフックになってしまいます。

意識をしているので ダイブ改善されてきましたが 果たしで コースで出来るのか??不安(; ̄ー ̄川

trimetal さんのコメント...

Zさん、

いつもコメントありがとうございます。
私はブログに自分の悪い所を書いて、自覚して修正しようと思っています。
参考になる意見いただければ幸いです。

trimetal さんのコメント...

meiさん、

仰るように、緑が綺麗になってきました。アメリカは、これからの2週間くらいで一気に緑色が綺麗になります。

ショットの癖ですが、meiさんもそうなんですか。私は昔から中々直らないですね。

でも、年を重ねて無理しない打ち方をしているので、大きなミスはないのですが、知らず知らずのうちに、振り切る事を忘れて気がします。今年は強振しても曲がらないショットを目指しています。

ひゃっぽ さんのコメント...

芝がいい色になってきましたね!

前傾を保つ。練習場だとそこそこできるのにコースに出ると
焦って打ってるつもりはないけどテンポが早くなってしまったり平らじゃないライで球の行方が気になってしまったりでほんと難しいです・・・

コースの予約間違い、予約ページのサーバーエラーじゃなくアシスタントプロのミス・・・しかも頻繁にやらかすだなんて(苦)そういう先生には習いたくないなぁ~

trimetal さんのコメント...

ひゃっぽさん、

前傾を保つ事は私に取っては、これからの重要課題と思っています。今までは意識して事なかったのですが、最近気が付きました。でも、これが達成できれば、問題が一気に解決するかも。

予約ミスは、電話の場合、アメリカでは日常茶飯みたいですね。インターネットが確実かも。