2010年3月25日木曜日

OB、池ポチャ連発その2

日曜日のゴルフはKnob Hill GCで、土日と連荘だった。土曜日の後半から発症した問題は、当然のように日曜日にも引き続いた起こり、最近では稀なるOB、池ポチャを連発した次第。その詳細を報告する。

1番:このコースは残念ながら練習場がない。アプローチ、パット練習はできるが、それだけでは不安この上ない。1Wは右に行かないように慎重にショット。真っ直ぐ飛び出して、少しだけドローした感じで悪くない。だが、正面の木の左側に止まった。行ってみると、ピンは狙えるが、枝が低く垂れていて、地を這うようなショットが必要。160ydsを4鉄で目一杯低く出した結果、若干スライスして右手前のラフ。大した距離じゃなかったが、ライが悪く3.5歩もショートし、Bサイドに外してボギーの出足。

2番:短いPar4で右に池があるので、3Uでのショット。FW右サイドで残りは115ydsのバンカー越え。風を計算して9鉄で軽くピン左手前に5歩。でも、これがBサイドに外してパー。

3番:120yds程度の短いPar3だが、右側に池があり、プッシュすると、池が待っている構造。風も少しあったので、9鉄でピン真っ直ぐに狙ったつもりが、ちょっとだけ右に出て、イマイチ当たりが良くない。落ちたところは、カラーギリギリ。こう言う場合は、運悪くスピンが掛かって戻るもの。予定通りに、池に落ちていった。池の横からSWで1.5歩に上手く寄せたつもりだったが、少々強すぎて思ったように切れなかった。痛いダボ。

4番:464ydsと長いホールだが、今日はティーが少し前。1Wは思った程悪くなかったが、若干擦り気味。残りは208yds。3Uか3Wか迷ったが、迷ったときは大きめ。でも、これが最低の当たりで、低いスライス。左手前のバンカーは避けたが、ピンまで30歩もある距離。AWの寄せは比較的上手く打てて2歩。このフックラインは読み通りでパー。中々難しいホールをパーで凌いだ。

5番:短い右ドッグレッグのPar4。1Wを軽く打って、FW右サイド。残りも106ydsのバンカー越え。風がフォローのため、悪くは無かったが、少々大きめでピン奥に7歩。これもBに外してパー。今日は珍しくBサイドが多い。

6番:175yds程度のPar3。今日はピンが目一杯手前で短めだ。5鉄を、方を開かないように気を付けたら、結構良いショット。昨日の17番ホールの気付きが生きていた。距離ピッタリだったが、20cm足りずにカラーでニアピン取れず。それでも7歩の距離。ALに外したが確実にパー。

7番:ここで前日の問題が再燃。右がラフで、それが嫌なために、少し意識しただけで、1Wは左に引っ掛け。運良く何かに当たってFW中央。単なるラッキーだった。セカンドを池を避けて良い位置に運び、残りは85yds。普通なら1ピンに寄せるべき距離で、AWを引っ掛けてしまった。ピン上に10歩の距離。難しい下りスライスは何とか50cmまで寄ってくれてパー。何とか4連続パー。

8番:右にほぼ直角に曲がり、グリーン前に池のあるPar4。1Wは軽く、ショートカット気味に打ったつもりが、やはり引っ掛け気味で、少々大きくラフに止まった。ライはそれほど悪くない150yds程度の距離。7鉄で軽く打って乗せるつもりが、何故か薄いスライスの当たり。右に切れながら力無い球が、池に沈んだのは言うまでもない。何故にスライスが出たのか不明。残り75yds当たりにドロップして、4打目のSWは5歩の距離。これもBに外してダボ。

9番:120yds程度の上り。9鉄のショットは完璧。しかし、少々大きすぎ。ピン上に落ちて9歩の下り。上手くパットは打ち、1歩越えた程度で、お先にで打ったら、あ~。3パットのボギー。軽率なプレーでした。

前半は、二つの池ポチャでダボがあったために、6オーバーの40。池に入れた二つ共に短いアイアンを右にプッシュ、あるいはスライスで、ショットとしては初心者レベルだった。もう一度アイアンの練習必要かも。また、パットはBに外す事が多く、また軽率な3パットもあったために18パット。

10番:1Wが若干右に出たまま戻らない。昨日の悪いケースだ。木の根元にある球は打てずに、FWに出すだけ。170ydsを5鉄で普通に打ったが、距離が出ない。悪い当たりに見えないが、距離が出ないで、ピンまで23歩。本当はセカンドの距離はもっとあったのかも知れないが、距離感が合わない日が続いている。このパットは6歩もショートしながら、残りが入って何とかボギー。

11番:ドライバで方の開きを意識して、打ってみた。何と、今日一番良い当たりでFW中央にストレートボール。これを待っていたが、実はこの後二度と再現しなかった。残り132ydsを8鉄で軽く打ったつもりが、池に入れたと同じで薄いスライス。軽く打つと、同じような傾向が出るようだ。24歩が2歩まで寄ったが、やはりBに外してボギー。

12番:強烈な打ち上げで、120yds程度の短いPar3。若干風が押していたので、PWで打ったら、若干擦り気味で、右に出たあたりは、グリーンカラーに落ちて、バンカーへ。難しいバンカーショットを4歩の距離まで寄せたが、超下りのパットが打ち切れずに40cmショートしてボギー。

13番:若干右に出た1Wは右のラフ。スライスはしなかったが、右に出る傾向は変わらず。残りは150yds程度で、大して距離は無かったが、7鉄が又しても短い。グリーンギリギリのカラー。上りの22歩を思い切って打ったパターは、勢い良すぎて8歩もオーバー。明らかなノーカン。下りの8歩を2歩もオーバーし、これも外して4パット。カラーからなので、正確には3パットだが、最初のパットはグリーン上と同じ打ち方だったので、パター扱いとしている。

14番:右プッシュが嫌で、頭を残し、前傾を保った打ち方を意識したら、今度は真っ直ぐに出て、若干フック。左のラフに止まった。ライが悪かったが、4Uで残り90ydsまで運んだ。AWは上手く打てて、バンカーを越えてピン右に7歩。久々のバーディチャンスだったが、又もBに外してパー。

15番:打ち下ろしの170ydsほどのPar3。少し大きいと思いながら、5鉄を短めに持って鋭くスイング。6番同様に上手く打ててピンにまっしぐら。何と、ピンの下の方に当たって、手前に戻ってしまった。アプローチは3歩も残したが、これを入れてパー。実は、この時のピンヒットの影響で、ピンが曲がっていた。本当に真正面からピンに当たったようだ。ボールの勢い恐るべし。

16番:問題のホール。右側は少し土手になって、直ぐにOBエリア。右に行ってはいけない事はわかっている。しかし、2オンしてバーディも欲しいので、力が入る。方が開かないように、フックを打ったつもりだったが、プッシュ気味に真っ直ぐ。少し右に出た分だけ、右の土手に落ちて、右にキックして30cm越えたOB。本当に悔しい。暫定球は、もっと酷いプッシュでOB。3球目は、明らかにフックを打ったら、今度はチーピン。問題の根源は同じ所になるのだろう。身体が浮き上がって、左肩が上がって、クラブが寝る。同時にフェースが開く。そんな感じだろう。結局、6歩にオンしたが、2パットで9。危うく二桁に行くところだった。

17番:右に池があって、落としどころが狭いホール。ドラコンが設定されていた。普段なら、全く及びじゃないが、この日はティーが少し前。最初に打った飛ばし屋さんは完璧な当たり。グリーン方向にまっしぐら。しかし、ボールが飛びすぎた様だ。グリーン左手前のバンカー淵まで行き、ラフに止まってしまった。可愛そうな事に、飛び過ぎて権利なし。多分、300ヤードくらい飛んでるだろう。私は、珍しく真っ直ぐに、若干のドローボールで、思ったよりも転がり、FW中央。飛ばし屋さんより、30ydsくらいは手前ながら、ラッキーなドラコン。セカンドは、40ydsくらいをSWで少しオーバーして奥のカラー。パターで転がして1歩に寄せてパー。本当はバーディの欲しいホールだった。

18番:上りの長めのPar4。1Wが又右に出た。少し力を入れると、右に行く傾向は変わらず。17番は奇跡的な当たりだったみたいだ。セカンドで若干距離が足りずに右手前バンカー。SWを4歩に寄せたが入らずにボギー。

後半は、2連続OB、4パットなどがあって、久々の46。ボギーペースを越えてしまった。やはり、ドライバの不安定さがスコアを崩す要因だろう。もう一度カードとStatsも出しておく。

Score:86(40,46)
Put:36(18,18)
DR Accuracy:6/14(42.9%)
GIR:7/18(38.9%)
Par Save:8/18(44.4%)

前日もそうだったが、パットのテークバックが不安定で、3歩前後のパットが思ったラインに打てない事が非常に気になっている。冬場の超高速下り傾斜に恐れてビビッた悪影響でも出ているのか、アルツハイマーの前期症状で脳がおかしくなっているのか。(実は50代から脳はおかしくなって、パターに影響を与える事が多いとか。アマチュアのイップスは、その影響と言う医師もいるくらいだ。本当かしらね。)

それにしても、FWキープ率が6/14とは酷すぎです。こちらも、少し見直さないと、シーズンインした時にどうなるか不安が残ります。今週末が勝負だな。

4 件のコメント:

やきそばパンZ さんのコメント...

こんにちは。

パー70なのに71.3/131は、タフなコースですね。

私だったら86ぐらいなら上出来ですけど、trimetalさんはドライバーがいつもは安定なさっているからずいぶん勝手が違ったのですね。


今度機会が在ったら書いてみますけど、私はようやく(いつも叩いてしまう)苦手コースのタイプが判りかけてきました。

どんなコースでもそれなりに粘ってスコアを作りたいんですけど、技が少ないからそうも行かないんですね。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

普段は、池が絡んでいて、一部のホールが狭くて木があるので難しいと思います。でも、この日は結構ティーが前で易しかったんです。ですので余計にショックが大きいのです。今日は普通に80は切りたい所です。他の人のスコアはちゃんとしてますからね。

私も同様に苦手なコースや、ホールってあります。それは未だ分析した事ありませんが、印象としては右に行くとOBやハザードのあるホールが駄目ですね。

それ以上に、飛ばし屋と一緒だけドライバが駄目になります。飛ばそうと無理するからでしょうね。

スノーマン さんのコメント...

16番のP3はかなり痛かったですね。
1打目はバーディー狙いもありミスも仕方ないと思いますが、
プロビジョナルをtrimetalさんが、ミスするなんて、
信じられません!

でも、池ポチャが2ホールもあって、16番の9
があっても、86で抑えられるっていう所が
やはり、trimetalさんですけどね!

ゴルフはプレー中もプレー後も色々な事を
考えさせてくれる、不思議なスポーツです。

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

リコメ遅くなりました。
16番の1球目で微妙にOBになり、結構悔しくて、暫定球の時は意地になって同じ打ち方をしてました。結果、同じ結果になった次第。

やはり常に冷静さが必要だと思いました。

ここのところ、ドライバが不調で、アイアンも力が入るために方向、距離が合わないケースが頻発しています。やはり、最初に打つドライバの調子は大事ですね。それが安定してくれば、組み立ても冷静にできると思います。