2011年4月13日水曜日

ショートパットが難しい(3回目)

日曜日は毎週実施の担ごう会です。今月は私が担当幹事です。

こちらは、未だ少々寒く、天候も不順続きのため、参加者も少ないし、コースもガラガラでした。でも、前後に誰もいないラウンドはプレッシャーも無くテンポも気分も良いですよ。

この日は、曇空で最高気温は12℃くらいですが、風が弱くコンディションとしては良かったと思います。最後の辺りではお日様も顔を出して、半袖でプレーする元気な人もいました。(まるでアメリカ人のようです)

コースは、おなじみのBowling Green GCで、全長は6863yds/Par72ですので、春先の気候からすれば、少々長いかなと思います。

この日のコンディションは数日続いた雨の影響で、グリーン周りで所々難しいライがありました。3番と9番ではザックリなどもありました。先週のラウンドでも似たような状況でトップを連発したので、ライを見てアプローチ方法を選択すべきなんでしょうね。芸がないので、いつも同じ打ち方で失敗する悪い例です。

最初の写真は、毎度おなじみの4番ホールティですが、この日は酷いチーピンを打ってしまって、手前の池に入れてしまいました。実は12番ホールでも手前に池の淵に止まりました。時々、芯を外して酷く飛距離が出ないケースが見られました。このホールでは、3打目で引っ掛けのOBなども有ってトリでした。

5番のティは、左側がツリーラインになり、左ドッグレッグなので、結構難しいティショットなのですが、今の3Wに変えてから、上手くドローボールが打てるようになり、先週に続いて完璧なティショットでした。それでも、超長いパットが全く寄らずにボギーでした。このグリーンは他よりも異常に遅いのを警戒すべきでした。

6番は上手いアプローチでパーが取れましたが、7番では強く打ちすぎて3パットのダボ。

8番ホールは綺麗な、しかし長いPar3で、3Wのショットは少し上がり過ぎて右手前の土手からバンカーに入りました。この日のバンカーは、殆どは2~3歩に付いたのですが、パットが全く入らずにボギーばかりでした。

後半は少し風は出ましたが、風の影響は限定的でした。先週から、イマイチ飛距離が出ず、シャフトの問題かと思いましたが、本質的には打ち方の問題のようです。

後半はショット、パットに問題もあり、スコアになりませんでしたが、17番当たりで少しショットの問題がわかったように思います。

毎度の事なのですが、飛距離が出ないと、どうしてもヘッドを走らせようとして、身体が止まったり、体重移動が不十分になりました。この日も、その影響があり、身体が止まった4番や12番のティショットで池に入れました。その他でも、フック気味のショットがありましたが、後半になってヘッドを意識せずに、手元(グリップ)を走らせる事だけに集中したところ、フックが減り、ヘッドスピードも上がったように思います。

それにしても、18番ホールは1打目、2打目共に、非常に良いショットが出来ましたが、上りの逆風で、3打目が195ydsも残る始末でした。でも、ここで3打目も含めて良いショットが出来て満足な上がりとなりました。

黒ティのコースレート/スロープは72.9/133、パーは36・36=72です。

1 4 - 0 8B
2 4 △ 0 5B(18,Sx)
3 3 □ / 2B
4 5 +3 2 14S-②
5 4 △ 0 28S-6S(3 Putt)
6 4 - 0 T
7 4 □ 0 6AL-3B(3 Putt)
8 3 △ / 3AL(20,Sx)
9 5 - 0 ①

10 4 △ 0 3BL(18,Sx)
11 3 △ / ①
12 4 △ 2 3A
13 4 - 0 ①
14 5 - 0 ②
15 4 - 0 ①
16 3 △ / 2B
17 4 △ 0 32B-2B
18 5 △ 0 3A(20,Sx)

46(18)・42(16) = 88(34)

前半から短いパット、および長いパットの距離感が不調で、入ったのは最終ホールの1歩だけでした。入って当然の距離で、それ以外の2歩、3歩は全く駄目でした。

後半途中では、アプローチの距離感が良く、1歩~1.5歩に付けてパーが続きました。

しかし、それ以降は、2歩~2.5歩が全て外れて連続ボギーでした。後半のパットは全て3歩以内と、アプローチは悪くないのですが、1.5歩以上になると方向性が全く合わず、ことごとく外してしまいました。

春先とは言え、続けて同じようなスコアを出し、短いパットで悩んでいます。そんな中でも、ドライバや3Wに光明が見出せたので、又前向きで頑張ろうと思います。

2 件のコメント:

yspz さんのコメント...

こんにちは。

trimetalらしくないと言うべきですけど2-3歩を10回中8回外していらっしゃいますね。
やはりpunchしたグリーンの影響でしょうね。

この距離って、本当にスコアの肝なんですよね。

Golden 8の曲線の、ちょうど急角度に下がっている辺りの距離です。


しかしグリーン周りのアプローチが流石ですね。

砂が入っていると、スピンの効き方が違ってちょっと雰囲気違うかなと思うのですけど、しっかり調整なさっているのですね。


私も体が止まるとフックして痛手を負います。


暖かくなってきて、グリーンがスムーズになって来たらtrimetalさんの本領発揮ですね。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

毎度おおきに。

2~3歩が入らないのは、勿論パンチの影響が一番ですが、強く打てない上に、少々左に行ったり、右に出たりと方向性も安定していなかったと思います。これは一時的なものと思います。

アプローチに関しては、バンカーショットも2~3歩、長いアプローチも同じくらいに付くので、普段なら結構調子が良いのですけどね。最後のパットが入らないと全て台無しって事ですね。

今日、アイアンが届きました。金曜日にはちゃんと練習して週末にラウンドで使って見ます。