2011年4月17日日曜日

X-Foegedお試しラウンド

本日、X-Forgedのお試しラウンドをしてきました。

だんだん緑が濃くなってきました。
今回のコースは、NJ中北部にあるRoyce Brook GCです。今年もここでBest30トーナメントが行われます。(昨年の記事はこちら

ところが、この日は、風速が10m~15mの強風が吹き荒れ、パットのボールは動くし、身体も動くしで、ショットのお試しとしては最悪のコンディションでした。さらに、前日からの大雨で、コース全体が水浸しで、バンカーも池のようになっていました(下の写真)。さらに、グリーンはパンチも砂も入っていて、転がりがイマイチでした。

本当に難しいコンディションでしたが、短いアイアンから、長いアイアンまで含めて色々と印象がわかりました。こんな感じです。

(1) PW、9鉄、8鉄などのショートアイアンは、非常に安定した方向性が得られたと思います。強風の中でも、曲がりも少なく、結構確実にグリーンを捉えました。

(2) ミドルアイアン以上になると、芯をヒットした場合と、外した場合の差が激しいと感じました。芯を食った場合は、今までと変わらない飛距離ですが、外すと2クラブくらい変わるんじゃないかと思うほどです。ただ、この日は風が滅茶苦茶強くて、普通に打つ事自体が難しかったので、どこまでシビアなアイアンなのか未だわかりません。

(3) 弾道は、思ったよりも高いかも知れません。特に、長いアイアンはライさえ良ければ比較的高いボールが打てそうです。

(4) ちょっと力が入ると、右に吹けるケースが見られました。ただ、これも風の影響があったと思いますので、次回風が弱い時に再度確認必要かも知れません。

スコアは、何と91(44,47)と悲惨な結果でしたが、こんなコンディションなら、こんなものでしょう。アイアンの練習がメインだったのですが、パットで方向性を良くするヒントがあり、短いパットで少しだけですが、効果があったと思います。

もう一度、来週もお試しです。

6 件のコメント:

TODOS さんのコメント...

ラウンドのチャンスが多いことは素晴らしいこと。前を見ながら行けますから。

この週末も練習で我慢、って言うか練習にすら行けないかも・・・・・

yspz さんのコメント...

こんにちは。

そういった条件下、私だったら数えすらしないと思われます。(^^;


しかし、新アイアンの感触が良いようでよかったです。(^^)

もっとコンディションが良ければ、とても満足のいくショットになると想像できます。


私のアイアンの進化版なので、それもあって大いに今後の記事を期待していますです。(^^)

trimetal さんのコメント...

TODOSさん、

ご機嫌よう。
最近は、TODOSさんも練習ペースが復活したようですが、実際のラウンドまではもう少しでしょうか。ラウンドのレポート期待しております。

やはりアメリカはゴルフには最適ですね。日本に戻ると、多分ペースが狂って、暫くは禁断症状が続くかもと思ったりします。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

この日は、コースに着いた後の練習中にも、本当にラウンドできるのかなと心配になる程の風で、少々疲れました。

それでも、途中の7番~11番までの5ホールで連続パーが続いたりして、頑張ってた時もあったのですが、一度切れたらもう終わりです。際限なく崩れますね。

まあ、元々スコアはどうでも良くて、ショット練習のつもりだったので、こんなコンディションの中故に、どんなショットで失敗するかが良く見えたと思います。

ただ、このクラブは見た目も良くて、芯を食ったときも気持ち良いのですが、私には少々荷が重いかもと感じております。でも、今年はそれにもめげずに、頑張ってみようと思います。昔のマッスルバックの時代を思い出しました。

スノーマン さんのコメント...

かなりの強風だったみたいですね。
そんな中での試し打ちは、判断するのが難しそう~。

でも、ショートクラブの感触はかなり良かったみたいですし、他のクラブも合格のようですよね。

良い条件下での、詳細ラウンド報告を
次回、楽しみにしてま~す。

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

いつもコメントありがとうございます。

正直言って、凄い風で、スイングが悪いのか、風の影響なのか全く分からないケースが多々ありましたので、あまり良い練習とは言えなかったかも知れません。

そんな中でも、100yds強の距離が安定していた感触を得ましたので、結構自信にもなりました。

最近の練習で、色々と試していて、新しい発見や、開眼もどきもあったので、又記事にします。