2012年8月12日日曜日

少々お疲れモード(#27 Knob Hill GC)

8月1日に日本から戻って、その週末は毎月実施の育友会コンペでした。未だ、時差ぼけも残り、睡眠不足の中で、日本と変わらない暑い一日でした。今年のNYは湿気が多いですね。まあ、日本よりはましですが。

コースは、毎度のKnob Hill GCで、NJの中北部に位置して、自宅から1時間半も掛かる、少々遠いコースです。前回は、73でネット3位&ベスグロ取ってますので、得意なコースだと思います。

Knob Hill Golf Club
Course Length:6408Yards/Par70(34,36)
Course Rating:71.3
Slope Rating:131

一番ホールのティは、こんな感じで、非常に天気の良い日でした。その分、暑くて睡眠不足の身には堪えました。

これは、結構難しい8番ホールのセカンド地点です。右ドッグレッグで、グリーン前は全て池ですので、セカンドの距離を如何に短く残すかが課題です。この日は、上手くドライバが打てて、セカンドは145ydsしかなかったのですが、アイアンを引っ掛けて長いパットが残り、3パットで痛いボギーでした。

これは後半14番ホールのPar5の3打目です。短いホールなので、風次第では2オンも可能ですが、この日は逆風で3打目が結構残りました。SWのショットは7歩も残してしまいましたが、ラインが打つ前に見えて、その通りに打ったらバーディが取れました。まあ、珍しい事が起きたものです。

ここまでは良かったのですが、易しいはずの16番、17番でミスを連発し、最後のホールでもアプローチミスがあり、上がり3ホールの連続ボギーは崩れてしまいました。集中力が欠如していたかも知れません。


青ティのコースレート/スロープは71.3/131、パーは34・36=70です。
アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。なお、括弧内の数字は歩数でアプローチの距離を表します。yが付いている場合は、ショットの距離で、アプローチには入れてません。寄せて1パットで上がりたい凡そ30yds以内をアプローチとしています。

1 4 △ 0 19L-②(50y,2ndチョロ)
2 4 - 0 ③(15,SS)
3 3 - / ①(14,SS)
4 4 △ 1 5B(25)
5 4 - 0 5A(100y)
6 3 △ / 2B(21)
7 5 - 0 5B(60y)
8 4 △ 0 15L-2A(145y,3putt)
9 3 - / 6A(140y)

10 4 - 1 13B-①(200y)
11 4 - 0 14AS(138y)
12 3 △ / ④(10,18,Sx)
13 4 △ 1 3A(50y)
14 5 ◯ 0 ⑦(70y)
15 3 - / 13A(191y)
16 5 △ 0 ①(8,25)
17 4 △ 2 6B(60y,木の下)
18 4 △ 0 23S-②(15)

38(17)・40(15) = 78(32)


Differential = 5.8

DAP: 5
GIR: 8(4,4)
Par Save: 9(5,4)
Par Break: 1(0,1)
Sand Save: 2/3
Approach Save: 3/7

日本に行く直前から、ドライバの打ち方を色々試していて、中々安定感のあるショットが出来ませんが、何となく感じがつかめてきたように思います。未だ、数字に表れていませんが、自分の中では良くなっています。何とか、今月中にはものにしたいです。

このコースは、以前からGIRが12を越える場合が多く、今回の8はちょっと少なすぎる気がします。一番の問題はやはりアイアンかも知れません。先日、日本に行った時に使った古いアイアンを又使ってみたのですが、USの芝はやはり難しいようで、日本のようには行きませんでした。また、Callawayに戻してみます。

アプローチセーブが3/7で、2回失敗がありましたので、本当は5/7にはしたいところです。最近、時々アプローチでトップしてしまうケースが散見されるので、注意が必要です。
パットについては、2歩を2回外していますが、長いのも入ってますので、まあ合格点かも知れません。それよりも、アプローチが不調で長い距離が残った点が良く無かったです。
やはり、日本に2週間も居て、戻った直後のゴルフと言う事で、少々お疲れだったかも知れません。まあ、言い訳ですが。

2 件のコメント:

yspz さんのコメント...


こんにちは。

なんで青ティーなのかな?って思いましたが、こちらは黒ティーが存在していないのですね。(^^;


時差ぼけ気味だと、ショットもちょっと狂いますよね。

古いアイアン、米国にお持ち帰りになったのですか?

trimetal さんのコメント...

Zさん、

こんにちは。

そうなんです。ここはフルバックが青なんです。普段回るコースでは、これ以外にもRoyce Brookと言うコースがフルバックが青で、7000ydsもあります。その代わり、青の前に緑のティがあったりします。

この古いアイアンは、2年前の一時帰国の時に日本に持って帰ったのですが、先日の一時帰国の時に使ってみたら良かったので、今回また米国に持って来ました。でも、アメリカの芝って日本より難しいですね。アイアンの癖が出易いので、ちょっと練習が必要でした。それと少し軽いので引っ掛ける傾向も出ました。また、元に戻します。