2012年8月15日水曜日

ミスはありましたがスコアは上々(#29 Bowling Green GC)

土曜日に続いて、日曜日は毎度の担ごう会です。

前日は非常に蒸し暑い一日だったのですが、打って変わって非常に爽快な一日となりました。空気は未だ熱いですが、日陰に入ると本当に涼しく、心地良い風が通り過ぎていきます。既に秋の気配を感じる一日だったと思います。

Bowling Green GC
Course Length:6863Yards/Par72(36,36)
Course Rating:73.2
Slope Rating:134


さて、先週は日本から持って帰った古いアイアンでプレーして、幾つか予想外のミスもありましたので、今週は元のCallaway X-Forgedに戻してのラウンドです。やはり、慣れているので、方向性は良かったと思います。


一番ホールで、125ydsが2歩に付くショットでバーディ発進でした。やはりアイアンの精度が良かったですね。

これは3番のPar3ですが、この日は210ydsくらいだったと思いますが、3Uがとても良い方向性でピンを掠めて7歩に付きました。ピンに当たってホールインするかと思わせる一打でした。

それにしても、奥に見える空が綺麗です。正に秋晴れのような天気でした。

次は左ドッグレッグの4番Par5の2打地点です。ここから3Wで上手くドローが打てまして、グリーン近くまで運び、アプローチショットはイマイチでしたが、7歩が入ってバーディが取れました。

ここまで-2なので、ちょっとスコアを意識したかも知れません。その途端に、2ホール続けて、短い転がしアプローチ、パットミスで連続ボギーです。人間の欲がプレーに現れる顕著な例でした。

これは7番ホールのティで、ちょっと長いPar4ですが、ここは正面に見えるバンカーの横まで飛びました。ピン奥に対して、残りは192ydsでしたが、ライも良く絶好の位置でした。ここで4Uが見事なダフリ。ちょっと意識しすぎたかも知れません。

3打目は未だ50ydsも残ってましたが、ここからSWで3歩に寄り、これが入ってパーでした。それまで簡単な場所からボギーを連発していたのに、ここでパーとは皮肉なものです。

しかし、又もアプローチミスを9番でもしでかしました。9番の3打目は100ydsくらいで、ちょっとバーディを意識したら、このショットをショートし、アプローチもパットもミスを連発して、バーディの予定がボギーとなった次第です。

こんな感じで、前半はミスを重ねながらも+1ですから、上出来でした。ショットが救ってくれたハーフでした。


後半はいきなりの右プッシュで林に突っ込んでボギーとしまして、苦手な鬼門ホールをどうするかが頭をよぎりました。

さて、問題の鬼門2ホールでしが、最初の12番は辛うじて池を越えてFWでしたが、セカンドの距離を間違えて、アプローチもミスしてのボギー。

続く13番は、無難に3WでFWに置き、セカンドで若干引っ掛けましたが、上手くパーが拾えました。

この2ホールで+1なので、自分の中では十分な出来だったと思います。

その後、ショットは良いのですが、パットがイマイチで、16番でも2歩を外してボギーを打ってしまいましたが、大きなミスもなく、難しい最終ホールもパーが拾えました。

トータルで76は、このコースでは今年一番良かったと思います。ショットが良くなりつつあるのが、自分の中では大きな収穫でした。


黒ティのコースレート/スロープは73.2/134、パーは36・36=72です。
アプローチの距離や、補足事項はを括弧に書いてあります。詳細はこちらを参照下さい。なお、括弧内の数字は歩数でアプローチの距離を表します。yが付いている場合は、ショットの距離で、アプローチには入れてません。寄せて1パットで上がりたい凡そ30yds以内をアプローチとしています。

1 4 ◯ 0 ②(125y)
2 4 - 0 16B(155y)
3 3 - / 7A(210y)
4 5 ◯ 0 ⑦(40)
5 4 △ 0 1B(13)
6 4 △ 0 2A(14)
7 4 - 0 ③(50y)
8 3 - / 8BL(213y)
9 5 △ 0 4S(16)

10 4 △ 2 ①(16,1Wは林の中)
11 3 - / 5B(190y)
12 4 △ 0 5A(22)
13 4 - 0 ③(14)
14 5 - 0 5S(140y,林の中からFine Shot)
15 4 - 0 10S-①(120y)
16 3 △ / 2S(24)
17 4 - 0 8B(185y)
18 5 - 0 ②(22)

37(15)・39(15) = 76(30)

Differential = 2.4


DAP: 2
GIR: 9(5,4)
Par Save: 12(6,6)
Par Break: 2(2,0)
Sand Save: 0/0
Approach Save: 4/9

アプローチ指数は4/9なので、そんなに悪い数字ではありませんが、中身を見ると、そうとも言えません。前半3つのボギーは、13歩、14歩、16歩で全てグリーンの周辺からで、芝が刈られていたので、パターで転がして確実にパーが拾える位置でした。この日は、全く距離感が合わなかったみたいです。一方、後半のアプローチ失敗はラフだったので、仕方ないかなと思います。

この日はパットもイマイチでした。2歩以下の短いパットを3回も外しています。元々カップまでの距離をギリギリに打つので、芝がちょっと荒れていると外しやすい傾向にありますので、もう少しだけ強く打てる努力が必要かも。(でも、病気なんですよね)

この日良かったのは、ドライバなどの長いショットです。この週に2回練習に行ったのですが、そこで左足に上手く体重移動するショットが出来まして、前日のラウンドとこのラウンドで色々試した結果、結構上手く行ったかも知れません。10番で一度失敗しましたが、これは右に体重が残ったためでした。

と言う事で、アプローチ、パットミスは多かったのですが、ショットが良くて自分として上々のスコアで上がれました。タラレバを言えば、イーブンパーくらいは出せたラウンドだったかも知れません。

4 件のコメント:

yspz さんのコメント...


こんにちは。

ショットの調子が良さそうで、気分的に気持ちのよいラウンドですね。

乗用カートだと、しまった54度のウエッジじゃなくてPWが良かった、とか50度のウエッジが良かった、とか思ったりすることもままありますが、

担ぎだとそういうのがないから良いですね。(^^)

しかしタフそうなコースですねー。


trimetalさんはU3とU4を使っていらっしゃるのですね。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

いつもコメントありがとうございます。

先週の練習でちょっとした切っ掛けで少し良くなったみたいです。でも、パットはイマイチ冴えませんが。まあ、両立は常に難しいものですね。

写真では何時もバッグを写していますように、基本は担ぎですので、クラブ選択は非常に柔軟ですね。カートは時としてCart Path Onlyとかなると、非常に不便な乗り物になります。でも、担ぐって結構体力いるんです。

えーと、3Uは2鉄と同じ長さで、18度のUtilityです。4Uは3鉄と同じ長さで、21度のUtilityです。長さ、ロフト共にアイアンと全く同じなのがポイントですね。非常に確実に打てますので。でも、Utilityはウッドよりも弾道が低くなるので、時々思ったよりも転がってグリーンを超えることがあります。

yspz さんのコメント...


なるほど。

実はUの3番を使おうかなぁ、と思ったりしているんですよね。 もしくは5W。

今は4番(22度)と2番(16度)なんです。

3Wがキャロウエイの3+ですから13度じゃなかろうかと思っていまして。


そもそも使い始めたのが2Uが最初なので外したくない気持ちもありますが、最近は随分と3Wが好きになってきましたので、飛距離がちょっと近いかなー、って気もするんです。もちろん3Wの方が距離出ますが、2Uの方がライへの適用範囲が広いので・・・。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

私も一時期17度のUを入れた事ありますが、イマイチフィットしないクラブで抜いちゃいました。

正確な方向性で打てるクラブは3Uまでで良いかなと思います。また、ドライバとの間が空きすぎるので、3Wが必要なケースが出てきます。USでは、Par3が長くて、220yds以上のホールだとUでは厳しいです。

Zさんは、2Uを入れる代わりに、3Uがないのですね。それは一つの選択肢だと思います。

最近、4鉄の代わりにアイアン型のUを入れました。見た目は全くのアイアンですので、違和感少ないです。シャフトも長さもアイアンそのものです。

現在のクラブ構成は下記のページにあります。参考までに。
http://connecticut-golf.blogspot.com/p/as-of-aug-1st-2012.html