2010年5月18日火曜日

徐々に回復(7回目)

土曜日の予定が急遽キャンセルになり、妻は友達と食事、息子は補習校と、一人でお留守番するはめに。そうなると、当然ゴルフとなるわけで、早速ゴルフ仲間にメール連絡。

いつもの担ごう会の幹事メンバー2人+1人が一緒に行く事になりました。

で、行ったのが、これまた何時ものBowling Green GC。3つのPar3が全て215yds以上で、あと一つも190ydsと難しいコースです。

Course Length:6863Yards/Par72(36,36)
Course Rating:72.9
Slope Rating:133

この日の天気は、8m/s前後とやや強い風があったが、最高気温は20℃くらいまで上がり、非常に過ごしやすい状況でした。

今日の課題はアプローチとパットで、何処までアプローチセーブできるか。また、ドライバの安定性が復活するか。

1Wの安定性を上げるため、左サイドの起き上がりを抑止し、かち上げのチーピンショットを減らすこと。そのために、前傾をインパクト直後まで維持する。力を入れるとどうしても起き上がりが早くなるので、力を抜く事、および短めにグリップする事を心がけた。また、同時にテークバックからダウンに掛けて上下動を減らすために、背筋を伸ばし、背骨を中心に回転させる事。

アプローチは、切り替えしからフォローに掛けて一定の速度、あるいは若干加速しながら打つ全くの基本に忠実に打つこと。パターは、頭を固定させ、フォローに掛けてヘッドアップを抑制する。これらについて、できるだけ意識しながらのプローを心掛けました。

1番:1Wは、できるだけ力を抜いて、起き上がりに注意した結果、比較的上手くドローが打てて、右サイドのFW。写真は、セカンド地点のグリーン方向。しかし、不運にもボールが沈んだライで、PWのショットはややトップ気味でGオーバーも寄せが1mに寄ってパー。

2番:1Wは起き上がりを意識しすぎて少し引っ掛け気味。2ndは上手くオン。18歩を残しながら1m弱まで寄せたものの、パットがイマイチで3パット。

3番:起き上がりが上手く抑制できて3Uが完璧な当たりでストレート。グリーン手前から1バウンドで7歩にオン。パットは方向良かったが打ち切れずにパー。

4番:方向、当たりも最高で、あやうくFWを突き抜けそうな位置まで飛んでしまいました。写真のように、グリーン方向は狭い所を狙うしかない位置。でも、4Uを上手く通したドロー。ティーショット同様に、背骨中心に回転する打ち方が上手く行ったようです。3打目を2歩まで寄せましたが、やはりパットが入りません。欲求不満が続きます。

5番:3Wを1W同様に打ってみましたが、どうも場合によって、距離をコントロールしようとすると引っ掛けやフックが出る傾向があります。このホールは写真のように、左右に林がありつつ左に緩やかに曲がっているので、ドライバが難しいし、方向が悪いと木が邪魔になるのでティーショットが難しいホールです。但し残りは短く、9歩に乗せましたが、ラインが合わずにパー。

6番:方向性良かったのですが、少し上っ面に当たって飛距離出ず。セカンドのライが悪く、3Uが何とチョロ。3打目の120ydsを上手く打てて2歩に寄せてパー。

Fourteenのアイアンに戻してから、ヘッド重量を調整し、短いアイアンの方向性が格段に良くなり、最近はウェッジと同様に安心して打てるようになってきた。

7番:距離が長いホールで、どうしても1Wで力が入ります。ここも毎度のことで、上手く前傾を維持できずにプッシュの当たり。右の木に当たって下に落ちたために、ライ悪く距離も一杯残ってます。セカンドを大きく曲げてしまって、寄せが何とトップ。19歩のアプローチも3歩残しましたが、久しぶりに入って何とかボギーで済みました。ここは、ティーショットから安定感の無いホールでしたが、最後のパットで帳尻あった感じです。

8番:3Wが5番ホールと同様に引っ掛け。どうも3Wが苦手になりつつあります。それと、前傾維持のために、時々引っ掛けたり、フックしたりが増えた気がします。寄せも全く寄らず。

9番:1Wが久しぶりにストレートからドローの当たり。セカンドの残り3Wが少し右に押し出しましたが、ランが多くてグリーン右のバンカー越えで、15歩の位置。アプローチを完璧に打って2歩まで寄せたのですが、バーディパットが入りません。

前半は、パットミス1回、ドライバミス1回、セカンドミス1回の3回のミスで39とミス以外は比較的安定感のあるプレーでした。

10番:又しても1Wが左に引っ掛け。セカンドをレイアップでボギー。

11番:4Uが起き上がってしまってプッシュ。アプローチのインパクトは悪くなかったが、距離感が悪かったようです。SWの場合は、もっと思い切った打ち方が必要かも知れません。殆どの場合にショート傾向なので、注意が必要かも。

12番:1Wの方向性が良くなりましたが、少し薄目の当たりで飛距離がイマイチ。写真の様に左の木が邪魔で少し低目の弾道でドロー気味で打ちたかったのですが、低い当たりを意識したら、何と真っ直ぐに右目に出て見事に池ポチャ。改めて写真で見ると、比較的余裕があるので、ドロー打つ必要もなかったかも知れません。やはりコースでは冷静に見る必要性がありますね。

13番:狭い、狭いイメージのホール。今週もバックティーからの風景を載せて見ました。今日は安全に4Uでフック気味の当たりで何とかFW維持。セカンドを少し前上がりでフックしてしまって、左手前。アプローチもやはり距離感が短く3歩。でも、パットが入ってくれてパー。先週に比べて少し短いパットの安定感が出てきたように思います。ヘッドアップを意識したのが良かったかも。

14番:1Wは右に押し出したようで、少し悪い癖が出たかも。続いて3Wが同じく右にプッシュ気味で全く距離が出ず。でも、残りを7鉄で方向性良くグリーンオンに成功。

15番:前のホール辺りから少し身体の疲れを感じてきました。普段は、こんな事はないのですが、今週の仕事の忙しさで体調が少し悪かったのが原因かも知れません。その結果、インパクトの前後で前傾を保つだけの体力が無くなって来たために、少し右に出るショットが出始めた感じでした。右の林が結構近く、セカンド地点がカートパス上で、ドロップすると余計に木が邪魔になりそうだったため、カートパス上から9鉄でショット。これは本当に綺麗に打てましたが、惜しくもパー。

16番:前のホール同様に、3Uをプッシュ。段々打てる気がしなくなってきたのでした。セカンドのライが悪く、ベアグラウンド。SWでバンカー越えを試みましたが、少しトップしてグリーン奥のラフ。ここからSWはイメージ通りに打ててボギーで済みました。少し寄せの感覚が戻ってきた気がします。

17番:ティーショットが今度は左引っ掛けで林の中。もう全くティーショットが打てません。実際に身体の疲れも感じたくらいでしたので、まあ仕方がない所かも。レイアップの後の3打目もフックし、辛うじて3歩を入れてのボギー。際どいプレーが続きます。

18番:最終ホールで気合を入れなおしてオンプレーンと前傾を再度意識して真っ直ぐな当たりを打てました。写真の位置がセカンド地点。ここまで来ると、見晴らしも良くて、気持ちが良いですね。2打目、3打目も方向良くて5歩まで付けましたが、気合が空回りで打ちすぎて3パット。惜しいホールでした。

後半は、前傾意識のしすぎと、正直言って珍しい体力不足で酷いショットを連発しました。その結果、ティーショットのミスでスコアを崩したラウンドでした。パットは最終ホールで3パットした以外は、比較的安定的にストロークできたハーフでした。少し改善が見られる感じががしました。


Score: 82(39,43)
Put: 32(16,16)
DR Accuracy: 7/14(50.0%)
GIR: 8/18(44.4%)
Par Break: 0/18(0%)
Par Save: 9/18(50.0%)
Approach Save: 5/10(50.0%)
Differential: 7.7

Statsを見ても、FWヒット率、パーオン率、パーセーブ率、アプローチセーブ率などが50%程度まで上がってきました。また、パット数も安定的な数字になってきたと思いますし、アイアンの正確性は確実に良くなりつつあると思います。

但し、前傾したインパクトの弊害と体力不足によるミスショットも見られたので、今の打ち方を練習で固める必要性があると思います。

5 件のコメント:

スノーマン さんのコメント...

trimetalさんの、前傾をインパクトまで維持。
背筋を伸ばし背骨中心の回転運動。
これって、大事ですよね。
私も、これらの事しっかり心に留めて
次回のプレーに活かしたいと思います。

あと、私の課題はアプローチがどうしても
短くなってしまうので、これを何とかしないと。。。

それから、ドライバーの安定性も要!です。

また、よきアドバイスお願いします。

スノーマン さんのコメント...

追伸:trimetalさん、調子が回復してきて良かったですね!

trimetal さんのコメント...

スノーマンさん、

コメントありがとうございます。

前傾維持と背骨中心のスイングは気持ちの上では完全に理解してますが、中々実践は難しいです。でも、アイアンは比較的上手く打てて、安定感が上がってきました。問題は長くクラブですね。

それから、アプローチがショート気味になる点は同じですね。どうも、ピッチとランの比率がイメージしたのと違うようです。少し、ランの距離感を練習で変える必要があるかも知れません。今度、これに絞ってレポートしたいと思います。

やきそばパンZ さんのコメント...

こんにちは。

わちゃー、このコースは私が非常に苦手にしている林間コースですね。 (←苦手タイプが多過ぎ?(笑))

13番は手前に迫ってる木もやだけど(特に右側)、人が写っている向こう側で、もうひとつ両側からぐっと気が狭めているのが嫌ですね。

ドライバーより4Uの方が曲がるんですけど、どうしたらいいんだろう?(笑)
(不本意に曲がるだけでなく、本意に打っても右から回る傾向にあるのです。)



なんにしても、回復傾向、良かったです。(^^)

trimetalさんからのアドバイス、私に丁度良い感じのが多くって、本当に感謝しています。

trimetal さんのコメント...

このコースは正に林間コースで、ドライバが不安定な人には超難しいコースですね。特に、写真に出ていた4番、5番、13番は厳しいです。

でも、13番は写真に写っている人達がいるBlueやWhiteティーからだとアイアンでも距離の問題がありません。ですので、全く楽なんです。その意味で、写真のホールはBlackティーで急激に難易度の上がるホールと言えますね。

調子は徐々に上がってはいますが、未だ不安な状態です。自分の為に色々と試している事ですが、他の人にも参考になれば幸いです。