2010年5月3日月曜日

又もや池の餌食(4回目)

土曜日は40人のコンペに参加しました。

毎月一回開催されるコンペで、過去にはベスグロも取った事があるコンペです。この写真を見てもわかるように、老若男女、初心者から上級者まで賑やかなコンペです。

先週後半から急に夏の陽気で、日中の最高気温も85度F(29℃)を越える勢いで、汗だくのラウンドとなりました。コースコンディションも最高に近く、若干エアレーションの影響で速い割りに転がりが不安定な点があるくらいです(でも、これがスコアに効くんです)。

コースは、NJ中部に近いKnob Hill GCで、住宅街の中心にあるコース、あるいはコースに住宅が付いたコースです。

この写真は1番ホールのセカンド地点。天気は最高、調子は最低のラウンドとなりました。それでも、ゴルフは楽しいのです。


このコース、距離は大して無いのですが、池の絡んだホールが多く、Slope Rating 131と高いため、注意しないとスコアを崩す事の多い、難易度の高いコースです。

Course Length:6408Yards/Par70(34,36)
Course Rating:71.3
Slope Rating:131

ここ最近は、ドライバがチーピン、プッシュアウトと悪い癖がもろにショットに表れて、FWヒット率が極端に低くなり、それに伴ってパーオン率も低い。前回3月に同コースをラウンドした時と殆ど同じ内容か、あるいはもっと悪い状態になってきたようです。

さらに、短いパットが引っ掛け、プッシュが多く、殆ど入らないために、寄せて1パットが出来なくなったのです。(この辺りは多分に精神的なもので、入れたいと言うプレッシャーが余計にパットを狂わせているように思います。)

金曜日のラウンドでは、アプローチで成功したのは、1/12と1割にも満たない状態。実は、この日のアプローチ成功は2/11と若干良くなったとは言え、3パットが4つとアプローチの成功を上回る3パット数のために、スコアにならない状態でした。

この日はそれだけじゃなかったんです。無理な攻めや、酷いショットのために池に入る事4回。前回同コースでも同様に池ポチャを連発した時の問題は今も改善していないのでした。


Score:90(43,47)
Put:38(20,18)
DR Accuracy:6/14(42.9%)
GIR:6/18(33.3%)
Par Save:4/18(22.2%)
Approach Save: 2/11(18.2%)
Differential: 16.1

Statsは、こんな所ですので、詳細は省きますが、これが今シーズンの最悪になるようにしたいと思います。実は、翌日のラウンドで、後半になって復活の兆しが見えたのです。それは又の機会に。

8 件のコメント:

mei さんのコメント...

(*ノ∀`*)○o*:;нёllо;:*o○☆trimetalさん 

40名のコンペ お天気も良くて良かったですね (o^-^o) ★☆+・。

写真を見る限りだと 半袖も着ている方もいらっしゃるから お天気 気温と良かったのでしょうね☆。:+ヾ(*゚∀゚*)ノ+:。☆

コース内の木々がかなり緑付いてきましたね♪

trimetal さんのコメント...

meiさん、

仰るように、既に夏のような陽気です。こちらも日本と同じで、春が短く、気が付いたら夏なんていう感じです。もちろん、コースは緑一色で、コンディションも最高です。でも、調子は最低。

後で、気候のことなど、記事に若干加筆しておきます。コメントありがとうございました。

やきそばパンZ さんのコメント...

こんにちは。

trimetalさんは、ショットもショートゲームもフィーリングを大事になさるプレイヤーですから、おっしゃるようなきっかけが掴めると、一気に調子が戻りますね。
いよいよシーズン突入でしょうか。

このようなコンペでは、ティーはどこからプレーなさるのですか?
上手い方だけフルバック?


今回はパターに苦労なさったようですね。
3パットが4つはみんな11歩以内からですもんね。 14番なんて、たったの4歩ですもんね。
グリーンがエアレーションの影響残りまくりのコンディションでは仕方ないでしょう。
ほぼ同じように打っても曲がったり曲がんなかったりしますからねー。


(それと、全記事のコメント紛らわしくてすみませんでした。 いつも「コースが似た感じだとどこかなー?」なんて思いながら読ませていただくものですから。 trimetalさんも私同様ああいったコースが苦手かな、と言う意図は全然ありませんで、たまたま思い出した似た感じのコースが私には大の苦手だったというだけなのです。
でもね、お陰さまで私あの苦手コースを克服しつつあるかも知れません。(笑))

trimetal さんのコメント...

Zさん、

このコンペは、毎回同じコースでやりますし、ハンデ制ですので、初心者も同じフルバックからです。でも、距離自体は長くないので問題ないようです。飛ばない人の方が池に捉まる事もないですしね。

但し、女性は赤ティーなんですが、これが凄い前にあるんです。ドラコンなんてのは、普通の人じゃ絶対適いません。でも、300ヤードを越える飛ばし屋もいるので、時には男性が取ります。

このコースは、秋から冬を除けばグリーンが速いので、凄いパットが鍵なんですが、この日は微妙なアンジュレーションが読み通りに転がらずに、皆さん苦労していました。私はそれ以前の話で、距離感が全くNGです。

まあ、ドライバが復活するであろう次回に期待です。

ひゃっぽ さんのコメント...

40人のコンペとは大掛かりですね!しかも毎月だなんて幹事さん大変そう・・・(持ち回りですか?)

なんとなく今年はグリーンの回復がいつもより遅いなぁと思うコースが周りに多い気がします。シーズン開幕後に何度か氷点下になったり大雨になったりしたせいでしょうか。そちらも1ftの雪が降ったりしましたから同じような感じなのかも?

男性の白ティより1000y近く短い赤ティでもドラコン(笑)みなさん女性に優しいんですね♪♪って違うか。
ホームコースの赤ティもこの位白ティと総距離が違って、しかもドッグレグ回避&ティショットのハザード回避という女性に超甘い設計(汗)そこまで簡単にするのはどーなんだと個人的に思うし、赤から回ってたときに殿方たちから「ここはLadiesから回ると簡単だもんね(だから自分のスコアが多いの当然)」と何度も聞かされ だったら同じ土俵で戦ってやる! で、07年からホームでは白からしか回ってません。←ただの変わり者

trimetal さんのコメント...

ひゃっぽさん、

いつもコメントありがとうございます。最近、少々不調のためか、気分が乗らずにブログの更新を滞っております。

このコンペは普段は36人なので、幹事は持ち回りです。写真には全員写っていませんし、左後方に一人走ってくる某Sさんが写っているように人数が多いので写真撮影も適当です。

ドラコン、ニアピンについてはLadiesが圧倒的に有利で、半分は女性が取ってます。でも、それでも良いのです。そんな状況でも賞を取ろうと頑張るところが良いところでしょうね。ですので、誰も文句は言いませんよ。

また、実力の幅も凄いものがあって、HDCPが0~36までいます。Single Digitが1/3くらいますし、女性にグロスで負けた事もあります。

ひゃっぽさんもNYに来る事があればお誘いしますよ。如何ですか。

やきそばパンZ さんのコメント...

あはは、ホントだ。
走ってくる方が写っていらっしゃいますね。


どのティーを選ぶかって、けっこうポイントですよね。

私は総距離よりもスロープ重視で選んでいます。
(・・・てか、ほとんど青なんですが。(^^;)


あまりに長いホールばかりでことごとく届かないのも楽しみに欠けますし、ロングアイアンやユーティリティーをパー5かティーショットでしか使わないような短いホールばかりも楽しみに欠けますしねー。

trimetal さんのコメント...

Zさん、

アメリカに来た当初は、ティーが自由に選べて良いなと思っていたし、コースの長さやSlopeを見ながらティーを選んでいましたが、ある時からフルバックになりました。

風が強かったり、雨が降ったりすると、全く二つで届かずに面白くない時もあります。少々考え直した方が良いかも知れません。次回のラウンドでは、少し短いティーを選んで、自分のゴルフを見直してみます。