2009年11月10日火曜日

豚の復活

寒くなってきてインフルエンザ(Flu)が流行し始めたようだ。流行の度合いは日本のニュースでも報道され、戦々恐々としている様子が伺える。一方、アメリカでも流行しているようだが、5月の豚インフル騒動以来、私の住んでいる地域では問題はなかった。

ところが、今週月曜日に自体が急変した。娘が通っているKeio Academy of New Yorkから電話があった。学校でインフルエンザが流行し始め、学校を閉鎖するので、地元の子供は自宅で待機して欲しいとの事。

娘の学校は自宅から15分も掛からない場所であるが、殆どの生徒が寮住まいと言う事で、娘は最初から寮に入っている。しかし、30人以上の生徒がインフルエンザに掛かってしまい、隔離する場所が無くなったため、近くの生徒は自宅で待機する事になったらしい。

月曜日の午後、妻が娘を迎えに学校まで行き、娘は今自宅で勉強もせずに待機している。もし、娘が既にFluに罹っていて、家族に伝染しようものなら、豚騒動の再現となる。そうならない事を祈るのみである。

2 件のコメント:

やきそばパンZ さんのコメント...

こんにちは。

私のところも、子供たちだけFlu shotを受けてきました。
(正確にはFlu mistですが。)

Civic Centerに、3時間ちょっと並びましたです。

trimetal さんのコメント...

ひゃっぽさんのBlogにも書かれていましたが、何時間も外で並んでFluのワクチン接種するようですね。
私の家族は未だ受けていませんが、やはり並ぶのかな。確認してみます。